2005/12/29  

一本の重み。。。  生きること!!
人気blogランキングへ
↑イエーーース!ついに5位まで復活しました!!皆様のお陰です!!
 しかーーし!まだ4つ上にいてるんです。。。抜きたい!!


  みなさんこんばんは!!

 今日は暖かくなる。。。という予報をよそに
全開で寒いやないかーーーーい!!!!!!!!!
少々キレましたが、いつも通りいきましょう。。。

 さて、今日は朝からノベルティーグッズ関連の仕事(私の父が
担当する当社のメインのお仕事です。。)の見積もり請求などを
しながらボチボチやっておりました。。。
カラダがムズムズしてきたと同時に昼から2つランニング指導の
仕事が入ってることを思い出して(遅っ。。)とりあえず移動。。

まずは北品川で坂ダッシュ。
その後は日大グランドに移動してトラックでランニング。
2人とも野球選手なんですが、どちらの選手もランニングに活路
を見出すために私を訪ねた選手なのですが、確かに頑張ります。。

 しかし、足りません。。
私に言わせれば甘いです。。。
私の目が厳しいことも理解しています。。でも。。

選手諸君。
今日、今、この一本を走れる時間は今のこの時しかないんです。。
この一本をこれ以上の走りはできないというくらい走るのが
トレーニングというものです。。
この一本を少しでも手を抜いたり、スピードを自分から落としたり。。
そうするごとに、一生でみんなが辿り着ける最高のスピードから
少しづつ離れていくような気がします。。

 私は、いつでも自分が辿り着ける1番高い場所を目指して
走ってきたつもりです。。 私が教えたいのは走りのフォームでも
正しい力の使い方でもないんです。。本当は。。。
 いつでも、踏み出すどの一歩にも、自分の魂を込めて、
これ以上進めない、これ以上込められない。。と、いつも
全開で進む心を手に入れて欲しいと思っています。。

 確かに近道はあります。
正しい関節の角度、正しいタイミングでの出力、適切な脱力、
正しい方向への出力、正しいポジショニング、正しいペース
など。。 たくさんの技術的な要素や、筋力の使い方など、
いくらでも教えるべき事があるのも十分承知しています。。

 でもそのどれも、もっと速く!もっと遠くへ!!と思う気持ち
があってこそ役に立つもんだ!!
 技術なんてなくったって、心だけでスピードを上げることだって
充分可能!! 人間の体は心の強さを追っかけて強くなって
行くようにできてんだから!!

 苦しいのは良くわかる。 俺だって苦しい。。
でもな、『苦しい。。』って気持ちで緩めることをしていたら
自分の求めるものなんて何一つ手に入んねーぞ!!!
特に、たくさんの強い心を持った人間が集まるスポーツの世界だぞ!
トップの人間がトレーニングの30分に手を抜くことなんかしてねーぞ!
ほんのちょっとのトレーニングの時間だよ。。
ほんのちょっと気合入れて体に悲鳴をあげさせたらんかい!!
一日ほんの30分くらい気絶するくらい自分に鞭打っていかんかい!!
ビシビシ鞭打って、ブチブチ筋肉ぶっ壊して、ドコドコ心臓動かして、
グルグル血液回して、バカバカ肺を膨らまさんかい!!!!!!

そんだけ頑張ったって勝てないこともあるんだよ。。
なのに、それすらできないで勝てる訳がねーだろーーー!!

 みんなガンバローぜー!!おい!!!
しんどかったら一緒に何本でも走ったるがな!!
死にそうになったらマッサージでも人口呼吸でもなんでもしたるがな!!
だから来い!! バンバン来い!!!! 死ぬ寸前まで来い!!!!!!!

おっと。。。
ちょっと熱くなっちゃいました。。
失礼。。

 しんどいの良くわかるよ。。
俺も泣きながら走ったこと何回もあるさ。。
耐えられなくてスピード落としたことも一度だけある。。

だから、今すぐにいつでも全開になれ!なんていいません。
今までのみんなよりもう一歩、もう一秒、もう一本、
全開で自分を動かす心を少しづつ手に入れてください。。

 そんでさ、いつか願いが叶って大好きなスポーツで飯が
食えるよーになったら一緒に焼肉でも食って六本木でも行って
楽しくやろー!!
 
 みんなとそんな時間が過ごせるようになるために、
今できることは俺も全開でやるからさ!! みんなで楽しく、
そして厳しく前に進んで行こう!

2006年!もーすぐそこだ!!
全開で行こーーー!!
選手諸君!!!!アイラブユー!!!(キモ。。)

2005/12/30  3:26

投稿者:サイドスロー
こんな時間にすみませんm(__)m コメントのあまりの熱さに、ついついメールしてしまいました。 それにしても、武井さんは熱い男ですね! 僕も見習わないと。
僕も負けずに頑張りますので、来年も宜しくお願いしますm(__)m 

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ