2009/12/16

初蘇生  TRPG

先日の日曜日の話ですが、以前やった高レベルキャラでのミストキャッスルキャンペーンの続きをしました。



もちろん、通常のミストキャッスルとちがい、モンスターや反応が通常と違うわけなのですが、鮮血城の主に合いに行ったとき、「主に合わせてくれ」としか言わないもんだから、帰ってくる答えは「お引き取りください」なワケです。

パーティリーダーの自称レッドの判断は「とりあえず入るか」って事で、そのままズカズカと中に侵入。
とある部屋に入ると、宝箱4個に、「バグベアード」がフワフワ
(ヤベェ)とパーティメンバーが思ったかどうかは不明だが、再びレッドの判断にて「よし倒そう」

・・・1ラウンドで即死させましたw

宝箱をあさり、戦利品をあさって意気揚々と部屋を出ると、声の主から再びの問・・・というより、怒り声
「許可無く侵入した上、収納品を奪うとは、あなた方は蛮族の強盗ですか!」
沈黙する一同(そりゃあそうだ。)
「我々は、指示があって合いに来たわけで・・・」
そう、「主に合いにきた、合わせてくれ」とした言ってないんですょ。
「ドワーフのウルスラから話を聞いて「霧の魔法装置」について云々」
と伝えると、ようやく怒りを押さえてくれましたが・・・
「どう、落とし前つけるんや(意訳)」
どう対応していいのか完全に思考がフリーズしてしまったレッド

結局、戦利品を元にもどし、ドロップ品をバグベアードの死体に戻し、リザレクションを施しました。
えーなんというか、バグベアードを瞬殺したのも、蘇生させたのも自分のキャラクターだけに、何とも言えない状態ですw

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ