2007/2/5

富士山  日常たわごと君
 
週刊プレイボーイという雑誌があります。ヌードも載ってますが、エロ本と呼べるほどのものではありません。まぁせいぜい「青年誌」という程度ですね。コンビニでも、特に封印されることもなく、普通に立ち読みできる状態で置いてますのでw


WEEKLY PLAYBOY ONLINE


この雑誌の特集記事は、週刊SPA!ほどではありませんが、どうもセンセーショナルに書かれる傾向があり、たいてい読み飛ばしています



しかしながら、本日発売号(2/19号 No.8)に載ってた記事は、ちょいと気になりました



『300年ぶりの大噴火目前!? スクープ! 富士山が「発熱」していた』と題した記事によると、ここ数年の間に、富士山周辺の湖の水温が上昇しているとのこと。河口湖の1観測点では、水面の温度が数度やったのに、同じ場所の湖底近くでは、なんと25度以上にもなっていたとか


そのせいか、水温の高い淡水にしか棲めない外来魚のフロリダバスも、ウヨウヨ繁殖してるらしいです。うーむ、これがホンマなら気になります(汗


宝永の大噴火から、ちょうど今年は300年目にあたることもあり、不気味きわまりないです。大自然がキリ番を狙うとは思えませんが、なんかイヤ〜な感じがします



みなさま、非常用品の準備は怠りなく。大したことでないのを祈るばかりです




富士山といえば、その昔、こんな例え話を聞きました


「あの高い富士山も、遥か遠くから見れば、自分の手の中に収まるぐらい小さい。同じように、目標やスゴイ存在から遠く離れていると、『なんだこの程度のこと』と思いがちだが、簡単に登れる山(目標)などない。スゴイ存在が理解できないのは、自分がそこから遥かに遠いところにいるからだ」


をを、エエ話や!と一瞬思いました。が、なーんか引っかかりもしました


ほな、劣等感にまみれた人は、周囲のすべてが「すごくて」「でっかく」見えるわけですが、それについてはどうなのよ?ってトコロです


この例え話は、慢心したり勘違いしてる方々専用ですなw




また、こんな話も聞きました


「遠くから見れば美しい富士山も、登ってみれば、黒い岩がゴツゴツしていたり、毒ガスが噴出したりするような山だ。同じく、美しく見える人も、その中身まで美しいとは限らない」


なるほどー、と一瞬思いましたww


しかしながら、富士山の黒いゴツゴツ岩を「エエ!」という人もいてるので、この例えはどうもなんか中途半端ですな。言いたいことはわかるんですけどね




そして、こんな話も聞きました


「自身の実体験でない『例え話』をして説得しようとするヤツには気をつけろ」


納得ww


2007/2/6  23:38

投稿者:anba
いやいやまったくです。語ってる時に見せる、彼らの自己陶酔した顔も苦手ですwww

2007/2/6  20:46

投稿者:keibee
ボクも苦手ですw
男なら体験談で勝負せんかい!ってなとこですわ。

2007/2/6  12:41

投稿者:anba
>はぴしんさん、了解です。ブログのネタにしますw。しかし案外わからないもんなんですよね〜

>キービーさん、虎の威を借るなんちゃら…みたいな感じがして、わしはどうもあの手が苦手です(笑

2007/2/6  8:16

投稿者:keibee
P○P研究所の出版物愛好家が、
そんな「例え話」でよく説得にかかりまっすw

2007/2/6  8:07

投稿者:はぴしん
非常用品準備しとかなあかんな〜とは思いながら、一度もしてませんでした。
これを機にしておこう!いれといたほうがいいよってなのを教えてほしいです。

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ