2006/12/31

さようなら2006  日常たわごと君
 
昼を大幅に過ぎてから起きるという、なんとも贅沢な目覚めの大晦日です。寝起きにエアロソアラのテスト飛行をしてみたところ、部屋が狭過ぎて、というかバベルの塔がジャマをして、うまく飛ばすことが出来ませんでした orz


エアロソアラ、機体が超軽量ということもあり、なんか持ってるだけで壊れそうな感があります。酔っぱらいどもには、とても貸せませんわww



夕刻過ぎて買い物に出かけると、年末年始休業に入ってる店も多く、街の照明はやや暗めでした。それでも31日から三が日まで開いてる店があるというのは、ガキの頃では考えられへんですわな。流通業に携わる方々のご苦労が偲ばれます。ありがとん



2006年も終わりますね



「さようなら」という言葉には、もともと「そのようになるのが運命ならば」という意味があるのやと、ちょっと前に何かで読みました。ふーん、すっげぇですな。ということは、幼稚園児達が


せんせー、さよなら、みなさん、さよなら


とやっているのは


先生とそうなるのが運命ならば、みなさんと〜(略


ということになるのでしょう。いやあ、幼い頃から老荘思想のようなモノを教えられてるわけですな(笑。ま、先生ですら、この意味を知った上で言うてる人は少ないのでしょうけど


古代語の読み方で、そういう意味になるのでしょうか?と思ったら、そうではなく、漢字で書いてわかりました。つまり、



左様なら



ということです。「そのようであるなら」ですな。時代劇で武士が言う「左様」も同じですが、あれは「YES」の意味でも使われてますよね



そんなわけで、2006年も終わります



2006年にさようなら。そうなるのが運命ならば、というか、時間の巻き戻しは出来ませんので、運命というよりも必然になりますか



今年も1年、ありがとうございました。応援してくださる方々のお気持ちがあってこそ、細々とはいえ、やってこれているのだと、大晦日にあらためて思う次第です


この先、WOEPがどこまで行けるのか?その前に、どこまで続けられるのか?まったくわかりません。以前は「続けなければ!」という気持ちでいましたが、ここ最近は、そんなことも考えなくなりました


ま、バンドが終わるよりも、パンチくんの命の灯火が消える方が先でしょうけどねwww


それでも、こう考えるようになりました。「作品や演奏は、いったん世の中に出して、それに共感してくださる方々が出てきたならば、それはもう自分達だけのものではないのだ」と。


先のことはわからなくても、決して独善的になることなく、応援してくださる方々とともに、ゆっくり、少しずつでも歩いてまいります



あらためて、今年もいろいろお世話になりました。どうか来年もまた、よろしくお願いいたします。



それではみなさま、酔いお年をお迎えくださーい!w

2006年12月31日
WOEP anba

2007/1/1  7:48

投稿者:anba
おぉっと!キービーさん、4時間しか寝てませんよwww

対バン、グラマーとも、楽しみにしていますッ!!

2007/1/1  7:42

投稿者:keibee
さっすがにキッチリとケジメるanba兄さん、
本年もどうぞヨロシクお願いします。

さしあたっては、グラマー3作目と2月18日の対バンライブ、
一生懸命に熱く篤く燃えさせて頂きたいと思いまっすw

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ