2004/10/28

もったいない  日常たわごと君
破れたジーパン含め、ボロになった服をいくつか捨てた。
とても他人様にさしあげられるような状態でもないし、
ミシンの腕でもあれば、何か別のモンにでも
生まれ変わらせてやれたのかもしれんが、
あいにくわしにはそんな腕は無い。
合掌して送り出した(涙。

モノを捨てる時にいつも思う。「もったいない」と。
貧乏性なのかセコイのか、わしはモノを捨てるのがイヤなのだ。
使えそうなら、とことん使う。壊れたら直してでも使う。
誰かに教えられたワケでもなく、ずっとそうしてきた。
「モノには神様が宿ってる」という考え方もあるそうやが、
そこまでは考えてへん。単純に、使えるモノを捨てるのが
もったいないだけですわ。

思い起こせば、初めて買うたギターもそうやった。
自分の金(奨学金をチョロまかした)で買うたギターゆえ、
使えんようになるぐらいまでトコトン弾き倒さん限り、
新しいギターは買えへんと、当時は誓って猛練習したもんやった。

そのおかげで、わずか2年でフレットが完全に無くなり、
音も出ぇへんようになった。ありがとう、合掌。

そういう考えなので、必然的に、
わしの部屋はモノだらになる(汗。
さすがに「これわマズイ」と思い、最近では
占有面積が大きく、あまり使わんブツは、
転売などして手放している。寝る場所は確保せねば。

でもなー、やっぱ「捨てる」って行為には
抵抗あるなぁ。わしは相当セコイんやろうか?

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ