2011/11/29

70'sアニソンクオリティ  音楽総合

しつこくアニソンライブの告知をするのであります!



WOEPライブ情報
12月4日(日)
日本橋 太陽と月

19時OPEN 円/要1drink
※西堀風之介さんとanbaの夢のアニソンコラボライブ!




えーとですね、どんな曲をやるのかは決まってるのですが、当日までリハーサルは無いので、どのようなアレンジになるのかはわしにもわからないのです
(;´∀`)



西堀さんをはじめ、サポートしてくださる方々はガチでブルース&ソウルメンなので、事前のリハなど不要なのですね。うむ、素晴らしい。鬼八のライブを思い出します(笑



しかしソロで弾き語りやるのと違い、ええかげんな耳コピではコードが合わなくなるので、こちらはしっかり準備せねばなりません。エエ緊張感です。これは楽しみ♪




最近では減ってきたものの、いまだに「アニソン?子供向けでしょ」みたいなイメージをお持ちの方々がいらっしゃいます。あと、ロックミュージシャンがアニソンやると「媚びてる」と考えるヒトもいるようで



いや、ちょっと待ってほしいのだ



そういう方々には、ぜひとも70年代のアニソンを聴いていただきたいのです。そりゃ現代の音楽に比べるとミックスバランスも音質もよろしくありませんが、ちゃんと聴くと、驚かされること多々ありなんですのよ



メロディーのキャッチーさは言うまでもなく、注目すべきはバックの演奏です。これが実にウマイ。特にベースのうねり具合はハンパなく、異様なまでの存在感を示しています



この時代って、過去にウッド弾いてたベーシストも多かったもんね、そりゃウマイはずやわ



あと、やや聞こえにくいんですが、ドラムもかなりイケてます。アニソン=単純なマーチリズムと考えられがちですが、さにあらず。多様なリズムを駆使しているのです。意外に手数も多いし



この時代って、ジャズあがりのドラマーが(略



ギターにしても、ファズやオートワウでグルーヴィーにキメてたりします。よく聴くとカッティングもかっちょいい。なんというかね、ロックなんですよ



そして個性あふれるボーカリストによる歌です。個人的には子門真人イチ押しですが、ヒデ夕樹や水木一郎、堀江美都子、ささきいさおも素晴らしい。あのレベルで朗々と歌えるボーカリストが、いま日本ポピュラー界に何人いるやろうか



それとアレンジの素晴らしさ。たとえばこの曲



■YouTube:グランプリの鷹





歌はもちろん水木アニキ。そして作曲・編曲は「宇宙戦艦ヤマト」も手がけた宮川泰なんですね。ヘッドホンで聴けるのでしたら、1分ほどの曲ですので、ぜひじっくり聴いてみてくださいな



ホーン、ストリングス、ピアノの絡み具合が素晴らしく、かつ、サーキットを走るレーシングカーをイメージさせるアレンジになっています。「おれは鷹だ〜」のところのストリングスも、単なるDマイナースケールじゃないのが面白いです



ぶっちゃけ音楽的にも質が高いのですわ。だから演奏したくなるのよね



70'sアニソン(当時の演奏)をリミックスして現代風にリマスターすると、たぶん恐ろしくハイクオリティな作品群になることでしょうな。でも、そこには確かに音楽があった




ということで、これを見ずして年越しは出来ない!なアニソンライブをやります。トリ○ンとかハー○ックとかやるかもしれません。いや、アニソンと構えずともエエ曲ばかりですので、ぜひお越しくださいまし!



WOEP 公式website


web拍手もよろしく!→

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ