2011/8/12

表現者の敗北  エンターテインメント総合

ライブのお知らせでっす♪



WOEPライブ情報

8月28日(日)
寺田町 FIRELOOP2001

17時半OPEN 18時START
前1500円/当2000円(別途1drink要)
※JR高架下の旧店舗が今月からリニューアルオープン、らしいです




久しぶりのFIRELOOPです。2001という名前が付いてますが、例のJR高架下の店舗でやんす。ニューアルバムは間に合わないけど、ぜひのお越しをば
(・∀・)




さてさて




ナインティナインの岡村隆史という芸人が、深夜ラジオでこのよな発言をしたとして、物議をかもしています




■YouTube:【99ANN】ナイナイ岡村が高岡批判『見たくないなら見るな、つぶやくな』




※8/11放送のオールナイトニッポンにて

「オレずっと言うてるけど、(騒動が起きるのは)つぶやくからや

見ぃひんのやったら見ぃひんかったらええのよ

ただそれだけのことやにの、なんでみんなに言う必要があるんやろなと思うてまうもんね。

そうでしょ?簡単なことなのよ、電気代しかかかってないねんからテレビなんて

ね?ペイ・パー・ビューならまだしも。タダで見てんねんから、電気代以外は。

もうやめよう、Twitterなんか」




まとめると、


1)見たくないのなら見なければいい
2)そんなことをイチイチつぶやくな
3)タダなんだから文句言うな




ということになりますな。これと似た発言を、ロンドンブーツの田村淳とかいう芸人もやっとりますな




■ニュース2ちゃんねる:ロンブー田村淳、フジテレビの韓流ブームの件でTwitterが炎上 「嫌なら見なけりゃ良くない?」(2011.7.30)



まぁなんと言いますか、頭の悪い発言ですわ



ケーブルテレビやBS等の有料専門チャンネルならともかく、地上波放送ってのは、主権者である国民が放送局に電波を貸与しているものなのよね。しかも格安というか破格の安さで



当然、批判する権利も文句言う資格もあるわけです。電波は公共物だからね。嫌なら見るなと言うのなら、それは「テレビには公共性は無い」と言うてるに等しいです



それに、ニュース枠にまで韓流ゴリ押し入れてきとるのやから、実際のところ、TVを消す以外シャットアウトしようがないやん。TV消されたら、金を出してくれてるスポンサーのCMも見てもらえないんやけど、そのあたりはどうなのよ?



てか、電気代以外タダとか、アホの子か岡村は?スポンサーの広告費が計上されとるやないの。それは価格に上乗せされて消費者の負担になっとるんだがね。あと、電波使用料が格安な分、わしらの税負担も大きくなっとるのよ



それよりもなによりも、これら発言の問題点は、



お客さんであるはずの視聴者に対して上から目線であることと、他者の表現に対して制限を加えているところです



前者については、これはもう今のマスゴミ全体の体質なんだろうね。お客さんはスポンサーのみで、視聴者に対しては「オレ達が垂れ流す情報をありがたく受け取りやがれ」的な感覚だということが垣間見えます



後者は、より悪質です。なぜなら、岡村にしろ田村にしろ、お笑い芸人という「表現者」なのであります。そして、Twitterをはじめとする言論もまた、各人の「表現」なのです



自分は好きに表現するが、他者の表現は制限するってのはスジが通りません。というか、それやっちまったら表現者としては敗北であり、終わりでしょうが
(´・ω・`)




その昔、一門で最多のレギュラーを持っていた桂文珍さんは、藤山寛美氏との対談にて、暗に「芸を磨いている時間はあるのか」と問われ、その後はレギュラーを減らして原点の落語に重きを置いていくようになりました



テレビに出ている「お笑い芸人」さん達には、芸を磨いてる時間があるのやろうか?出演者をイジり、素人をイジり、内輪ネタや宴会芸モドキを「芸」やと思うてるんやなかろうか?




クリックすると元のサイズで表示します


さようなら電波芸人、さようなら電波芸者



WOEP 公式website


web拍手もよろしく!→

2011/8/13  23:43

投稿者:anba
はい、内海師匠のおっしゃる通りです。
短期間で「消費」される芸なんぞ、公共の電波に乗せるべきではありませんね

2011/8/13  6:50

投稿者:keibee

内海好江師匠が
笑わせるのと笑われるのは違うんだよ!

お弟子さんや
下ネタで笑いをとっていたヤツを叱責したとか

今のTV芸人はみな芸ないっす;;;
ほんま身内話やイジメで笑いとる芸人は
要らないっすv


コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ