2011/4/27

詰んでるシナ  時事・社会
 
民主党の政策()の中でも最大の「売り」であった事業仕分けパフォーマンス、みなさま覚えておいでのことでしょう。しかしその仕分け対象に、日本国内の石油備蓄まで入っていたことはご存知でしょうか?



■内閣府:行政刷新会議ワーキンググループ・配布資料(平成21年11月27日)



上記リンクのうち、事業番号2-70に「石油備蓄(国家備蓄石油管理等委託費)」(※PDF書類)という項目があります



石油の備蓄というのは、日本国内のためだけではなく、国際エネルギー機関(IEA)の管理の下、緊急時に各国が助け合えるようにという目的があります。しかしクソ民主党は、「だったら他国に依存すればいいじゃん」的な考えで仕分けしようとしたんですね



で、案の定というか、IEAから厳しい警告を受けまして、



■経済産業省|資源エネルギー庁:石油備蓄目標について 平成22年4月9日(PDF書類)

クリックすると元のサイズで表示します



この石油備蓄仕分けは取りやめになりました。ゆえに、現時点で日本国内の石油備蓄量は減っておりません。ご安心をば




ところで、この石油備蓄仕分け騒動の際、ネット上では「蓮舫が石油備蓄を横流ししようとしている」「中国へ移そうとしている」等の怪情報が飛び交っておりました。真贋の程は定かではありません。なんせ怪情報なのでw



しかしながら、その後に中国から伝わってくる情報を見ますと、ひょっとしたらそうだったのかも?と思わずにはいられませんの。というか辻褄が合い過ぎてコワイし



たとえばコレ




■サーチナ:中国の原油備蓄わずか10日分、中東情勢に緊迫(3/8)



ちなみに日本の場合、民間と国家の分をあわせて、石油備蓄量は約200日分ぐらいあります。中国は、国土が広く人口も多いってのがあるんだろうけど、なんか無駄にジャブジャブ使い過ぎなんじゃねぇの?て気がしなくもないなぁ



そして、こういう展開に



■東亜通信社:中国国内で石油製品不足、中国石化が国内供給優先で輸出停止(4/24)

■MSN産経ニュース:上海運転手デモ各地に“飛び火” ジャスミン革命と連動も(4/25)

■東亜通信社:浙江省で電力供給不足が深刻化、広東では計画停電も(4/27)




あらまぁ(・∀・)大変!



さらにハゲタカ(国債金融資本やら投資ファンドやら)からは、このよな攻撃に晒されています




■サーチナ:中国が空売りのターゲットに、高騰する不動産価格とホットマネー(4/21)



まぁ日本がこういう状況で言うのもアレですが、中国は普通に「詰んでる」ように見えます。なんとなく、列強に食い荒らされた清王朝の末期を見ているかのよう



蓮舫が中国へ石油を横流ししようとしていたり(という噂)、民主党がやたらと中国に金を送ろうとしているのは、このあたりも絡んでいるのかもしれませんね



つまり、現代中国もまた「末期」であると




クリックすると元のサイズで表示します




うーむ、たらればは無しとしても、日本に震災が起きなければ、ほぼ間違いなく中国が先に終わってたよな。それより先に韓国が終わりますが



ほんで、その末期の国の傀儡政権が民主党であると。おや情けない話だわ。てか、もうパイプ切れてんじゃね?




とは言え、中国の動きに油断はできません。なんせ特ア3カ国の親玉です。南北朝鮮がバカだとしても、中国は「狡猾」なのです



まぁエエ人もいるんだけどね。付き合うなら台湾の方が、個人的にはよろしいですわ
 
 

WOEP 公式website


web拍手もよろしく!→

2011/4/28  2:17

投稿者:anba
まぁ電力そのものを送るってのは難しいんですが、
ここまでくると何らかの企みがあったと見ても
おかしくないですわな

2011/4/28  1:48

投稿者:Q
電力も送ろうとしてたのかもね

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ