2010/12/6

ベストよりベター  よみもの
 
もともと活字大好きっ子ですので、本を1冊買うと、連鎖的にいろいろ買うてしまうという悪癖を持っているanbaです。こんばんはw



クリックすると元のサイズで表示します



画像は最近読んだ本。室谷克美「日韓がタブーにする半島の歴史」、薮中三十二「国家の命運」、ともに新潮新書。ハードカバー本はかさばるので、最近は文庫本派です。しかし、あまり買うと、前居宅のようにまた本棚が倒れる事態になりかねんので、自粛してるのでありますw



本はね、面白いですよ。「目が疲れる」「眠くなる」「ネットで十分」という方々もいらっしゃるでしょうが、練られた文章を読むことは、アタマの整理にもなるのです



ただし、本に書いてあることを鵜呑みすることはありません。やはり「情報」ですので、自分で検証できない限りは、参考程度にとどめてます。世の中にはいろんな考えがあるなぁ、ぐらいにしてますね



本にしろ何にしろ、その著者や制作者の主観や意図が必ず入るわけで、そういうもんやと踏まえて接するなら、別に問題はありません。「活字で印刷されてるものは正しい情報」とか考えるのは、何時代のヒトですかね?w




そもそも世の中には「100%公正かつ中立で正義、ゆえに信頼できる」なんてものは無いのです。複数の人が同じ出来事を、同じ時間に同じ場所で見たとしても、別々の解釈になることすらあるのですから



余談ですが、たとえば協議や話し合いなんてのは、「わかり合う」ためのものではなく、打ち負かすためのものでもなく、接点、または落としどころを見出すためのものなんですね



ところが多くの場合、わかり合おうとするのです。どうも万人に適用できる「絶対的かつ公正中立な基準」があると思うてしまうようで。



そしてそれは、「わかり合う」という言葉とは裏腹に、自分の考えに同調して欲しいと言うてるに等しかったりします。だから考えの違う相手と話し合いを何度もっても、なかなか納得できない(笑



100%なんてものは無いですよ。そんな人間もいない。ベストではなくベターというのが、現実的な選択なんですね



感情だけじゃなく、冷静に起きてる状況を見て、考えて、判断しないとね。でないと、本やメディア、ネットから流れてくる「情報」に、簡単に転がされてしまいますもん




とりあえず、上述の2著の感想を述べるとしたら、室谷氏のは刺激的な内容やけど読みにくい文章だった、薮中氏のは読みやすかった、そんなところです〜w
 
 

WOEP 公式website
↓クリックよろしく!




2010/12/9  3:00

投稿者:anba
うーん、そうですね〜、現場仕事や緊急時には、ぞんざいにならざるを得ないこともありまして、聞く側が「相手は『事実として』何を言うとるのか」を、感情を排して聞き取るべき場面も多々あるのです

もちろん、穏やかに、かつ、わかりやすくというのがベターやと思うのですけど、事象によっては難しくなっていくかもしれませんね

2010/12/9  2:38

投稿者:keibee
わかり合うために

モノの言い方にも気を遣うべきかと思いやす

せっかくヱヱことを言っているのに

ゾンザイなモノ言いのため

それだけで胡散臭くなるのは避けたいものですねv

自壊しないよう自戒しておりますv


コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ