2010/11/12

正体不明  時事・社会
 
えらいアクセス数になってるので「なにごと!!」と思うたら、巡視船みずきの「喪章」で検索して来られたのですな。この件、やはり誤報というかデマでした。喪章に見えたのは電光掲示板であり、棺は海難事故で亡くなられた一般の方のものやったのです



予想通り、石垣の葬儀社には問い合わせの電話が殺到したようで、二階堂さんとこもクレームを受けて元記事を削除してます。Twitterやblog等で、この件が事実であるかのように拡散した方々は、ちゃんと詫びとくべきかと



でも、この問題に関心の高い人が多いというのは、非常にエエことですね。わしも頑張らねば!




ところで、なぜ民主党政府はいまだに尖閣ビデオを公開しようとしないのか。これについて、毎日変態新聞がその理由を解説してます。変態新聞なんかにリンクしたくないのですけど、好記事なので今回は特別にw



■毎日.jp:アジアサバイバル:転換期の安保2010 「尖閣」で露呈、外交の「弱さ」



記事によると、仙谷健忘長官が外務省を介さずに独断でシナと交渉(細野とかいう民主党のオッサンをシナへ派遣)し、「衝突事件のビデオ映像を公開しない」「沖縄県知事の尖閣諸島視察を中止してもらいたい」というシナ側の要求に応じた、とあります



つまり、ビデオを公開しないのは、仙谷が勝手にやったシナとの「密約」がその理由ということですな。アホらしい。これこそ外患誘致じゃないの?



まぁ予想外のことが原因で解散→総選挙があるかもしれない、というヨカンはあるものの、あるかどうかわからんコトに期待するよりも、こやつらを一日も早く退陣させるための手を、日々打っていこうと思うとります



可能ならば、退陣なんて生ぬるいものやなく、



クリックすると元のサイズで表示します



タロウさん(はぁとw




WOEPライブ情報

11月14日(日)
日本橋 太陽と月

19時OPEN、19時半START
当日1000円/要1drink
anbaのソロ弾き語り
vs:ヒポポタミ、キタムラリョウ






さてさて、時事ネタばかりやと重くなりがちなので、たまには娯楽的な記事でも書きましょかね。いつも興味深い記事を提供してくれる「In Deep」さんのところから、少々古い(9月)のエントリーを紹介



■In Deep:天文写真に写る直径240キロメートルの巨大な物体が地球に向かっている?



記事中にも但し書きがありますが、写真を見ただけでは、この物体?が地球に向かってきてるのかどうかは不明です。ただ、そこに「正体不明の何かが存在する」のは間違いなく、しかも地球から(天文的に)結構近い距離にあるというのが興味をそそります



この「正体不明の何か」は、最大部分が約240Kmで、現在は冥王星の軌道の外側にあるとのこと。その形状から、おそらく星ではありません




では、実際にご覧いただきましょう




Googleアースの宇宙版ともいえる「SKY-MAP.ORG」というサイトがありまして、そこの Find Objectと書かれた検索ウインドウに座標[19 25 12-89 45 03]と入力、対象を拡大していくと、確かに青い物体が出てきます



パソでネットに繋いでるなら、どなたでも見ることが出来ます。しかし面倒くさいというヤカラもいるでしょうからw、わしが撮ったスクリーンショットをご覧下さい



クリックすると元のサイズで表示します




携帯からやとわかりにくいので、その部分をさらに拡大してみましょう




クリックすると元のサイズで表示します




なんぞこれ??




これが地球上ならば、さしずめ「心霊写真」とでも呼ばれそうですな。しかしこれは、決して合成ではなく、実在する「よくわからないもの」なのです。青の中に大きな黒い部分が2カ所あるので、人の顔のように見えてしまいますねw



素人考えではガス雲なんですけど、それにしては一カ所にずっと固まってるのもケッタイです。そういえば「ウルトラマンメビウス」の劇中で、冥王星軌道の外には侵略宇宙人の軍団が大勢いてると、ゾフィーが言うてたような(笑



まぁホンマ、一体これは何なんでしょうねぇ?宇宙ってば面白い
 
 

WOEP 公式website
↓クリックよろしく!




コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ