2010/8/30

 
「WOEPの動画はどこで見れるんや〜」「YouTubeで『WOEP』って検索したら出るんか〜?」と昨日言われました。えーと、WOEPサイトの携帯版パソ版とも、トップページにリンク置いてますよ。あと、この日記の一番上にある「ご案内」にも書いてるゆうねん(笑



まぁみんな、あんまり読んでないということね(涙。ちくしょー!サイトもブログも、家内制手工業で苦労して作ってんだぞ! orz



ちなみに、YouTubeで「WOEP」と検索しても出ますが、どうせなら「WOEPちゃんねる」でまとめてご覧下さいまし。携帯からでもご覧いただけます。パケ代が結構かかりますが(汁



「ご案内」には、YouTubeの「WOEPちゃんねる」へのリンクの他に、ライブ情報も載せてます。パソでご覧の方々は、右フレームにいろいろリンクを置いてますので、そちらもチェケラなのです!



WOEPライブ情報

9月5日(日)
心斎橋 The Cellar

17時半OPEN、18時START
1000円=Drink Ticket




ということで、本サイトよりもポータル化している男前日記、執筆者のanbaです、こんばんは。昨晩アイスを食ったのに、お腹Pもせず快腸でございますw




さてさて




今年も懲りずに「愛は地球を巣食う」とかいうテーマで、24時間テレビなる番組が放映されてたそうですね。わしゃテレビ見ないっ子なので知らん。ゆえに我が家のテレビは、いまだにアナログですしw



で、その24時間テレビに対して、辛辣な意見が多数寄せられてるのやとか。その中のほとんどが「タレントへのギャラや莫大な制作費を、そのまま寄付に回せ!」というものらしいっす



うむ、言われてみればその通り。善意の寄付を目的とするならば、わざわざ莫大な制作費をかけず、淡々と寄付を呼びかけるだけでエエはずです。しょうもない「お涙頂戴やらせ企画」も必要ないでしょう



裏を返せば、善意の寄付を謳っていながら、実は営利目的の番組やということです。視聴率にこだわってるところ=視聴率が上がれば大手スポンサーがつきやすいという狙いが、その証拠ですわ




非常に興味深いデータがあります。24時間テレビは、あれだけ経費をかけて派手に宣伝し、寄付を呼びかけてましたが、実際に集まったのは約9億円



対して、主にネット上で自主的に呼びかけられた宮崎口蹄疫禍への寄付は、なんと総額約31億円も集まってます



もうアレやね、テレビって、費用対効果が悪すぎ。ネットの発達した現代では、上記のような数値は、即比較され検証されます。そりゃ辛辣な意見や批判も出てきますわな




実際のところ、テレビCMの効果って、どのぐらいあるんですかね?費用対効果の話ですよ。果たして中間マージンを抜き抜きする広告代理店をかまして、なお消費者を購買に向かわせるだけの効果は、どの程度のもんなんですかね?



たとえば、「サトウのごはん」で有名な、新潟県のサトウ食品という会社がありますが、



■Garbagenews.com:サトウ食品、テレビCMの抑制で営業利益3.2倍へ(2009.06.16付)



という話もあります。まぁ同社の場合、それまでの「玄関あけたら2分でごはん♪」とか「サっトウ〜んの切り餅ッ♪」などのCMが、消費者の印象に残っていたというのもあるでしょうから、CMやめたら利益アップというのは一概には言えませんけどね




時間枠によっては、CM費用がアホほど高いので、多くのスポンサー企業が敬遠しつつある。という話も聞きます。ゆえに、その手の時間帯にCMを連発放映している企業の数は、それほど多くないのが現状です



よく見てみましょうね。どんな企業が「高い時間枠」にCM出してるのか。その企業のバックグラウンドをちょくっと調べてみると、ははぁなるほど、なんでテレビ番組がゴミになってきたのか、その理由が見えてくるかもしれません



「テレビでコマーシャルやってるから信用できる会社」というのは、もう何十年も前の伝説ですよ。いまは「コマーシャルをバンバン流してるから信用できない会社」になりつつあるかもw




そのうち「時報以外は信用できないのがテレビ」と言われたりしてね。あ!地デジやったら時報も遅れるやんか!ww
 
 

WOEP 公式website
↓クリックよろしく!




2010/9/1  22:43

投稿者:anba
サトウのご飯愛用者です(笑

普天間基地の件も8月末までに決められず、民主党はいよいよ後が無くなった感がありますね。しかし瓦解するまで油断はできません

2010/9/1  16:38

投稿者:丑之助@日教組撲滅
なんとかもう少しの我慢ですね。一旦堰を切れば一瞬に決壊するでしょう。
サトウのご飯は美味い!

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ