2010/6/30

泥にまみれて  音楽総合
 
いやー熱い試合でした、日本vsパラグアイ。結果として負けてしまいましたが、それでもとにかくエエ試合でした。日本代表、あんたらカッコよかったぜ!



勝たなきゃ意味がないとか、PK外した駒野への批判なども飛び交っておりますが、あのさ、こう言うちゃなんだが、W杯に出場して、ベスト16まで勝ち進んで、おまけにパラグアイ相手に事実上の無失点なんだぜ。しかも遠征で。すげぇじゃん!



そんな低いレベルで喜ぶなと言われるかもやけど、W杯で1点取るのに四苦八苦してたあの頃からすれば、隔世の感があるのですよ。すごくなったよ日本サッカー



それにさ、PKがサッカーのすべてじゃない。PKは、まぁジャンケンみたいなもんやで。駒野選手はしばらくメゲてまうやろうけど、でも再び頑張ってほしいな。お疲れさん!




試合も良かったのですが、それ以上に、今回の日本代表の姿勢が素晴らしかった。本大会前、選手だけでミーティングを開いたそうなんですけど、その席上で、



「おれ達はへたくそなんだ、弱いんだ。だから泥臭くやらなきゃだめだ!」



という考えを共有し、その考えのもとにフォーメーションを各自で考えていったと。これはすごいことですよ奥さん



だってね、地域では「才能あるヤツ」とみられ、国内でも「有望な選手」とみられてきた人間が、自分のことを「へたくそだ、弱い」って認識するなんて、並大抵のハートでは出来ませんもん



しかしそれは、世界レベルと比較した際の、自分達の立ち位置を知ったということであり、明確なスタート地点を持てたということでもあります。いや〜、この精神性が受け継がれていけば、日本サッカーは、将来とんでもないことになりますよ



楽しみにしてるぜ!





さて、我々音楽屋にも、これはまさに当てはまります。地元や仲間うちでは「うまいヤツ、才能あるヤツ」で通ったとしても、世界に出れば泡沫に過ぎない、というヒトが、音楽屋の大半を占めているからです



それはそれでエエのです。脱・泡沫を目指し、スキルを上げ、経験値を上げ、ハートを磨いていけばよろしい。世界を目指さず、地元だけで細々とやっていく場合も同じことです



うちらWOEPにしても、もうハッキリ言いまして、ヘタクソなんです。メンバー全員、天賦の才能なんて持っとりません。いや、その認識があるからエライとかじゃなくて、普通に楽器やってたら、そない思いますのんw



だから、才能ある人、うまい人達がやるように、スマートかつ華麗になんて、とてもやないけど出来ません。それでエエと思うてます。だってさ、無いものねだりしたって、何も出てきませんやん(笑



それゆえ、泥臭く、汗くさくやってます。ペースも遅いので進歩も遅いのですが、それでも泥臭く、汗くさくやってます。人生なんて、ナンボ言うても泥臭いもの。音楽は、その人生から生まれますので、泥臭くてエエのです(キリッ




ただ、なぜか音楽屋には「自分は(世界に通じる)才能がある」と見せたがる連中が多いのですね。んで、他の音楽屋を格下に見たりするのです。実際には大したこともないのにね



自分の立ち位置を知らない人間は、永遠に同じところをループするだけですわ
 
 

WOEP 公式website
↓クリックよろしく!



タグ: W杯 日本代表

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ