2010/5/27

レッツ備蓄(2)  くらし
 
普段と変わらない風景の裏でも、世の中ではいろんなコトが起きとります。時に静かに、時に激しく。自分が見ている「世界」がいつもと変わらないからと言うて、世界中に変化がないわけではありません



その変化に、自分もまた、否応無く巻き込まれることがあります。「もしも」は突然やってくる、その時になって準備しても遅い。ゆえに、その予兆が見えた段階で、ちょっくらスタンバイしときませんか?



ということで昨日から「備蓄」というテーマを扱ってるわけです。こんばんは、anbaです。今日は黄砂で目がやられました orz



今回の備蓄スタンバイは、災害時の非常用品ではなく、流通が停止、あるいは流通品が著しく減った場合を想定してます。最低限の生活をキープできるように、というのが主目的です


※参考までに、過去ログ「非常用品」もご一読くださいませ




では、具体的な備蓄品についてのお話に移りましょう。今回の想定では、食料品だけを備蓄すればエエというわけにはまいりません。以下が必要になるかと



■食料品
■生理/衛生用品
■医薬品



とりあえず今日は食料品から




【食料品】

常温での保存が可能なもの、というのが最大のポイントです。保存可能期間が長いものが好ましいですが、まぁ消費期限が半年先ぐらいのものでエエんやないかと思います



この時点で「生モノ」はNGということになります。乾物であっても、カップラーメンの類は、意外なぐらい消費期限が短く設定されているので、備蓄には不向きです。そのあたり、スーパー等で実際にご確認下さい



また、インフラが停止することも想定に加えるなら、なるべく調理が不用、もしくはイージーなものがエエかと思われます。それと、いくら備蓄といえども、出来る限りは栄養のバランスも考えたいものです



これらのポイントから、備蓄食料品としては、



■米

1人1日3食、お茶碗1杯ずつ食べると考えて。米1合は約150gで、ほぼ茶碗3杯分=1人の1日分となります。1ヶ月ですと、150g×30日=4.5Kg、市販の米ですと5Kgの袋が1人の1ヶ月分と考えられますかね



調理がイージーな「パック米(サトウのごはん等)」も有効です。5コで500円ぐらいと少々割高ではありますが、場合によってはかなり重宝しますよ



米については、昨日も書いた通り、本年度は凶作の恐れがあります。それが確定すると、1993年や2003年の時と同じく、一部の会社が買い占めて、不当に価格をつり上げてくる可能性もあります。この点もご留意下さい



■缶詰

備蓄用保存食といえば、なんちゅーてもコレです。製品にもよりますが、常温で2年ぐらいは保存可能。魚が中心になりますが、現在では味のバリエーションも豊富にあります



調理がほぼ不用というのもメリット。1缶が100〜150円ぐらいですか。内容量からすると割高だわね。まぁうまく他の食材と組み合わせるなど、工夫が必要かも。備蓄の必要がなくなれば、おかずの一品にでもして下さいw



便利な缶詰ですけど、できることなら加工地はチェックして下さい。多くの場合、製造所番号というカタチで缶に記載されてありますので、事前にメーカーサイトで調べるか、メーカーに問い合わせしておくのがエエかと思います



■乾物

日本が誇る伝統の食材、それが乾物。わかめ、ひじき、かんぴょう、干し椎茸、大豆、等々。水で戻して調理する必要はありますが、なんと保存可能期間は1年弱もあるのです



日本の伝統スゲェwww



それに負けない欧州の伝統食材が、パスタです。これまた1〜2年の保存期間。うーん、昔の人達ってすごいよね。しかしパスタソースは3ヶ月〜半年ほどなので、そのあたりは注意ですぞ



乾物ではありませんが、大豆や金時豆の準加工品もあります。こちらも3ヶ月〜半年ほどは保ちますので、備蓄食品としては有効かと



■野菜

最も困るのがコレです。生モノがNGである以上、野菜類をどうやって摂取すればエエのか、野菜星人としてはアタマを抱えてしまいます



しかしながら、あくまでも緊急措置として考えて、この場合、野菜ジュースやサプリメントを使うのも手やないかと思います



野菜ジュースは「1日分の野菜分」なのが伊藤園やカゴメから、サプリは各種栄養素がいろんな会社から出てます。不足しがちなカルシウムやミネラルなどは、サプリでフォローするのもエエでしょう



ベランダや小庭があるのでしたら、家庭菜園もエエと思います



■水

日本の場合は「飲める水道水」がありますので、それほど心配はいらないかもしれません。が、万が一インフラが停止したことも考えて、1〜2週間分ぐらいの飲料水はストックしておくのがベターかと



これね、水ってば、結構な保管場所を取るのですよ。ペットボトル6本で1ケースとして、それが1人の6日分と考えると、2週間分なら2ケースちょっと必要ってことになります。家族の人数が多くなると、わちゃー、ですわな(汗



■その他

乳幼児、アレルギー体質な方、要介護の方がいるご家庭は、それぞれまた別のスタンバイが必要かと思われます。缶詰ですべてOK!とは、いきませんもんね




はふぅ、長くなってしまいました。明日はさらに続編です。がんばろっと
 
 

WOEP 公式website
↓クリックよろしく!

タグ: 備蓄 食料品

2010/5/29  20:42

投稿者:anba
はい。まぁ1ヶ月以上の備蓄は個人には不可能に近いので、そういう(インフラ破壊などの)事態になったらどうしようもないですけどね。

2010/5/29  6:32

投稿者:keibee
なるほど
オガライトとかねv


2010/5/28  23:16

投稿者:anba
そうですねぇ…個人的には揮発性の燃料を備蓄するのは、引火や誘爆のことを考えると、ちょっとアレかなぁと思うのです。屋外OKなら七輪と木炭でどうでしょ?w

2010/5/28  8:56

投稿者:keibee
野菜ジュース なるほど!

ついでに
パスタをゆがく
カセットボンベコンロ

ホワイトガソリンバーナーも要りますかね

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ