2010/4/28

地下音楽屋として  音楽総合
 
巨匠・団鬼六先生のツイートに、思わず唸ってしまったものがあります。いわく、



「(マニア作家は)文学とか芸術とかにうるさく拘泥する読者は相手にする必要はないし、人に賞められるような文章を書こうと気どる必要もない。作家みずから桃源郷に浸り、その甘い気分を読者に理解願えるようぼそぼそ語りかければよいのである。」



うぅむ、深い。これって、うちらのように地下の底辺で細々と(マニアック?な)音楽をやってる面々にも、そのまま通用しますやんか



置き換えてみると…



「地下音楽屋は、技術やら理論やら芸術性やらにうるさくこだわる連中を相手にする必要はないし、一般受けするような楽曲を作ろうとする必要もない。音楽屋自らがその(独自の、マニアックな)世界観に浸り、そこで感じた気分をリスナーに理解してもらえるように演奏すればよいのだ」



となりますかw




うちらはよく、自分たちのことを「売れないバンドw」と自嘲気味に話すことがありますが、実のところ、売れてないことについては、別にどうこう思うとりません(笑



そりゃね、いろんな方面の、多くの人達に知ってもらいたい、聴いてもらいたい、そういう欲はもちろんありますよ。それに、名前が売れる(知られる)ことによって、よりエエ環境、エエ出会いがあることも理解しています



ただ、まぁ何と言いますか、うちらにとっては、メジャーだ!売れるんだ!てのが最優先の「欲」やないんですわ。つまり、これで食っていこうとは思うてないのです



そもそもビッグヒットを望めるような曲調、世界観ではないです。かと言うて、それらを変えてしまうと、WOEPとしてのアイデンティティが「??」になってしまいますw



巨匠の言葉やないですが、まずは自分たちがこの音楽や世界観を楽しみ、ほんで「なあなあ、こんな音楽もあるんやけど、どうかなぁ?おもしろい?エエなぁて思うてくれたらうれしいわぁ」、そんな感じで細々と活動してますね



人によっては「そんなん甘いで」とか言うんでしょうなぁ。ははは。よそはよそ、うちはうち(笑



ただね、誰かと比べてどうとか、売れることについては確かに興味はないんやけど、これで食っていくつもりが無いからと言うて、手を抜く気はさらさらございませんよ



わし個人的な意見を言えば、どういう目的であれ、自分を磨いていくのが楽しいのです。その点については限りなく貪欲です。だから同時に、うちの音楽も面白く転がっていくのやないかと思うのです



そういえば何ヶ月か前に「あんたの音楽や歌には伸びしろが感じられん」と言われました。まぁ感じ方なんてモノは人それぞれなので、それの是非については、とやかく言いません



しかしながら、人間の、音楽屋の「伸びしろ」ってのは、そやつ自身がどうあるかが鍵ですので、他人様がどうこう言う筋合いのモンではない、と思うとります



このような考え方のわし、そしてWOEPですが、エエなぁ〜と思うていただけましたら、どうぞ一緒に歩いていって下さい。よろしくです
m _ _)m
 
 

WOEP 公式website
↓クリックよろしく!


2010/4/29  21:16

投稿者:anba
ありがとうございます!よりエエなぁと思うていただけるよう、ますます精進いたしまっす!

2010/4/29  8:45

投稿者:keibee
はいな
ヱヱなぁ〜
っと思って
ずっとファンですv 

弍^盂^彡

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ