2010/3/31

ネットノイズ  PC、ネットなど
 
3月は去る、の通り、アッちゅー間に過ぎ去ってしまいました。去年の今頃は、転居先探しに奔走していたものです。そうえいばこの部屋に決めたのは、窓から桜が見事やったことが決定打でした。こんばんは、anbaです



ところで、中華国内にあるDNSルートサーバーが停止されたようですな。なんでも同サーバーは、中華が規制しているTwitterなどからのリクエストに対して、でたらめなIPアドレスをリダイレクトするようになってたのやとか


【参考】http://www.konure.com/it/2010/03/dns-1.html



汚染されていたか、もしくは何らかのフィルタリング(中国当局に都合のよろしいような情報規制)がなされていたか。どっちにせよ、他国のアクセスにも支障をきたしてたわけですから、ネットに対するテロ行為に等しいものです。切り離して大正解



1月にこの男前日記で書いたコト(※過去ログ)が、まさに現実になったのですな。やはり書けば実現するブログ!ww



ただし、中華サーバーのすべてが停止されたわけやなく、そのうちの1つが切り離されただけです。あと3つ残ってます。が、グーグル撤退の件も含め、情報分野での中華包囲網が徐々に見えてきたような気がしないでもありません




インターネットは、もともと米軍の通信用に開発されたもので、当初はアーパネット(ARPA-Net)と呼ばれてました。それがパンピーにも一部が開放され、わしらもその恩恵に預かっとるわけです。しかし、軍事利用の側面が消えたのではありません



中華による独善的なDNSルートサーバの汚染は、各国の軍事目的からしても、排除すべきものなんでしょう。ま、わしにしてみれば、中華経由のスパムが減るのなら結構な話ではあります




日々平和にネットを利用しとりますが、当初の目的はともかくとして、個人的にはインターネットに非常に助けられております



まず、膨大な資料を自宅に居ながらにして調べることが出来る。それまでは大規模図書館などで、どこに何があるのかわからん状態から調べねばなりませんでしたが、現在では、少なくとも索引をピックアップしてから図書館へ行くので、大幅な時間の短縮&効率化ができてます




なに?図書館へ行くようなガラやないやろ、ですと?ww




ただ、ネット上の情報は、何かとノイズも多いです。個人の主観、偏見、その程度ならまだしも、誹謗、中傷、罵詈雑言、ほんで偽情報も多数あります



ま、それらはネットにもれなく付いてくる「オマケ」と考えといたほうがエエでしょうね。それらをかき分け、整理していくと、欲しい情報をゲットできることも多々ありますゆえ、ネット使用の際には、そのあたりの割り切りも必要かと思われます



一説に、ウソをウソと見抜けないヒトは、ネットを使っちゃダメよ、というのがあります。とりあえず自由で解放的な空間ではありますが、自己責任が強く要求される空間でもあります



大事なことは、自分で疑問を持ち、自分で調べ、自分で考える、ということです。安易な鵜呑みは禁物です



たとえネットが使えなくなったとしても、リアルでこの姿勢は持ち続けておくべきです。今回は中華でしたが、別の理由で、日本でも規制が行われないという保証はありませんから
 
 

WOEP 公式website
↓クリックよろしく!


コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ