2010/1/30

食在土耳古  日常たわごと君
 
現在わが家でブームな食材、クリックすると元のサイズで表示します大分県名物の「柚子胡椒」。「胡椒」という名前ではありますが、柚子の皮、とうがらし、食塩のみで作られております。食材というよりも調味料になりますかね



適度な辛さと鼻に抜ける爽やかな香りが、たまらんのです。豆腐にのせてもよし、サラダにあえてもよし、和洋問わずに見事なハーモニーを奏でてくれる、恐るべき万能っぷりも素敵です



これがあれば、白ご飯が何杯でもおかわりできる、それぐらいハマっております。なによりも、ちょいと付けるだけで、あらゆる食品が「酒のアテ」化するところが魅力的です(笑



これは市販品ですが、九州方面では自宅で手作りというのが普通なんやとか。そっちのほうがンマそうですな。しかし作る時間がないので、当面は市販品にしときます。ちなみにコレは成城石井のブツです




さてさて。




東京の友人が、先日まで仕事でトルコに行ってたそうです。カメラマンなのね。国だよ国。風呂じゃねぇのですよw



「ハワイに行った」という人の話を聞きたいとは思いませんが、トルコ!うーむ、行ってみたい国(わしの中で)ナンバーワン。これはぜひとも土産話を聞かねばと、強引にチャットに誘うて、根掘り葉掘り聞き出したのでしw



まず、食い物がンマイことに驚いた。世界三大料理の1つやもんね。ほんで、歴史的な遺跡の美しさに驚いた。観光地にいてる絨毯屋のうっとうしさに驚いた。そして何よりも驚いたのが、



イスラム教の国やのに「たくさん神様がいたほうがアラーも喜んでくれるだろう」と、まるで八百万(やおよろず)のような宗教観を持っていること、やそうです



うーむ、ますます行ってみたくなった。しかし、わしがそのようなコトを言うと、周囲はエエ顔をしてくれませんので、しばらくは屋台のドネリケバブでトルコ気分に浸る程度にしときます orz



あ、いや、せめてトルコ料理を(日本国内で)味わうことぐらいは許されよう。許されよう。大事なことなので2回言いました。わしゃ前述のドネリケバブと、チャイ、あとパイみたいなヤツ(ビョ,,,なんとかいう料理;)しか、トルコ料理を食ったことがないのです



あのヨーグルトフレーバーが口に合わない、という声をよく聞きます。しかし食ってみたい。文化の理解は食からです。我ながらエエことを言います。まぁ例え口に合わんかったとしても、トルコは好きな国の1つです



大阪ではココが有名みたいですな。ベリーダンスショーもあるのやとか。むむむ。ちょいとイロイロ探してみますか。あ、「土耳古」と書いてトルコと読むのですよ〜w
 
 



2010/1/31  18:46

投稿者:anba@けたい
うそは言わないルール♪w


このお店は
また別の機会にしましょ〜

2010/1/31  5:17

投稿者:keibee
タイトルがチンプンカンプンでしたが
なるほどそういうkとでしたか〜
飛んでイスタンブールw

旧暦新年会をそのお店でやりましょか?ww

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ