2009/7/28

清掃物語  くらし
 
スポンジ兄:ぬぅぉおおっ、取れん!取れんわ!

スポンジ弟:兄者、こっちのカビもまったく取れんわ!

カビ:フハハハハ、愚かなりスポンジ兄弟ww。きさまらがこすればこするほど、カビを広げてるのに気付かんのか?

ス兄:おのれカビめ!

ス弟:あ、兄者!床に広がるだけじゃなく、おれ達のカラダにも…!

ス兄:なっ…なんだと…!うををををっ

カビ:フハハハハ、おとなしく我が軍門に下るがよいわ!

ス弟:も、もはやこれまでか… orz




その時、一陣の風とともに、金色に輝く姿が現れた!




ス兄:あ、あなたは…!

ス弟:バスマジックリンさん!




クリックすると元のサイズで表示します
ジャーン!




バスマジックリン:よく頑張ったな、スポンジ兄弟。私が来たからには、もう大丈夫だ!

ス弟:ありがてぇ!

ス兄:あんなカビ、ぶっとばしてやって下さい!


カビ:フン、黄色いヒヨッコが来たところで何も変わらんわ!

バス:それはどうかな?

カビ:ならばお前の力を見せてみろぉぉおおーっ!

バス:言われなくとも見せてやるぜ!喰らえ!マジックリン・シュート!



ブシャァァアアアアーッ!



カビ:フハハハ、なんだその攻撃は?痛くも痒くもないわww

ス弟:そ、そんな!バスマジックリンさんの攻撃がきかないのか!

バス:これならどうだ!マジックリン・スプラッシュ!



ビシュッ ビシュッ ビシュッ



カビ:フハハハハ、無駄無駄無駄無駄ァ〜ッ!

ス兄:や、野郎〜っ、バスマジックリンさんのラッシュを紙一重でかわしてやがるっ!

バス:な、なんてヤツだ…!


カビ:もうおしまいか?ならばこちらから行くぞ!ダーティ・ブレイク!



BAGOOOOOOON!



バス:うわあああああああああわあわアワアワ泡泡〜っ!!

ス兄弟:バスマジックリンさん!

カビ:フハハハハ、地獄へ堕(オ)血(チ)路(ロ)〜ッ!

ス兄:く、くそ〜、バスマジックリンさんがやられるなんて

ス弟:オラ今度こそだめかもしんねぇ…

カビ:あの程度で最強とは、この風呂場も落ちたものだな。貴様らの命、もらいうけるぞ!





待てっ!




その時、天から雷鳴のような声が轟いた



カビ:だ、誰だ!

ス兄:も、もしやあのお方は…!?

ス弟:知っているのか雷電?

ス兄:あの白い勇姿は、伝説の戦士・カビキラーさんだ!




クリックすると元のサイズで表示します
シャキーン!



ス弟:なんだって!あれはおとぎ話じゃなかったのか!

ス兄:おれ達の魂の叫びが、奇跡の男を呼んだんだ!


カビ:フハハハ、誰が来ようがカビまみれにしてくれるわ!

カビキラー:くさい息を吐くのはそのぐらいにしておけ

カビ:な、なんだと!これでも喰らえ!ダーティ・パニッシャー!



┣″┣″┣″┣″┣″



ス兄弟:あぶないカビキラーさん!やつの攻撃は…!

カビ:フハハハハ、しねしねしねしね〜ぃっ!

カビキラー:つまらん、この程度か

カビ:な…



カビキラー:お前は期待はずれだったよ

カビ:キィ===ッ!

カビキラー:あばよ!カビキラー・ファントム!

カビ:ぐぎゃぁぁぁぁあああああああ〜っ!!



爆発



ス弟:やった!やったぞ!これで風呂場の平和は守られたぜ!

ス兄:ありがとう、カビキラーさん!

カビキラー:フッ(キラーン)




なにげない日常のひとコマ。つい見過ごしがちな場面にも、ドラマが展開されているものです。そう、次にカビに狙われるのは、あなたのお宅かもしれない…(呪ww
 
 



2009/7/29  23:18

投稿者:anba
>キービーさん、ブレストファイヤーとアイスラッガーの合わせ技みたいな感じですかねww

>ケムズさん、魂の叫びがあれば、きっといつの日か…!www

2009/7/29  7:31

投稿者:ケムズ
楽しそうですねウッシッシ うちのもお願いします(^-^)/

2009/7/29  6:14

投稿者:keibee
ということは
カビキラーはゼットン級ということですね・・・

あれ?チトちゃうか?? ww

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ