2008/11/26

アンプの話  音楽総合
 
我が家にはギターアンプがゴロゴロあったのですが、現在は整理されてMESA/BOOGIEとYAMAHAの2台のみになってます。ともに出力30W以下の仕様。しかし前者は真空管アンプのため、自宅で鳴らすにはアレなぐらい、アホほどデカイ音が出ます(汗



一般に「練習用アンプ」として販売されてるものは、たいていトランジスタ式アンプで出力10〜15Wです。んが、それを全開で鳴らすことが出来る環境にお住まいな方は、日本では数少ないことでしょう。そう考えるとトランジスタ10Wというのは、どうにも中途半端な感じがします



各メーカー、そのあたりをようやく察したのか、最近はさらに低出力の小型アンプを販売してます。Rolandのマイクロキューブなんか2Wですもんね。これなら全開で鳴らすのもアリでしょう。それでもデカイと思いますがw



とは言え、小型アンプの宿命で、どんだけボリュームを上げても低音は出ません。おまけに場合によっては音が割れます。ま、あくまでも練習用と割り切って使うためのブツですな



どうせ割り切るなら遊んじゃえ〜!クリックすると元のサイズで表示しますというわけで、このようなアンプもあります。9V電池で動く「Fender ミニツイン」。出力1W。ティッシュの箱より小さいっす。で、The Twinの音がするかといえば、そんなことは期待せんほうがエエです(笑



以前、同じような電池アンプでマーシャルのブツを持ってたのですが、これがまたヘンな音の割れ方をしてくれたので手放しまして、かわりにコレにしたのです。まぁ音割れはありますが、マーシャルより遥かにマシですな



この手の電池アンプは、サウンド的にはオモチャであり遊び道具でしかないのですが、思わぬ利用法もあります。それは超小型であるゆえ、自室内でお手軽にフィードバック奏法が楽しめることです



10Wアンプでフィードバックをやろうと思い、その音量を出そうとしても、まずマンションやアパートでは不可能でしょう。余裕でギターアンプ殺人事件レベルの騒動になります。しかしコレなら可能です。フィィィ〜〜ンというあの音が、騒動なく出せちゃいますw



宅録などでは、なかなかアンプにマイクを立てて録ることが出来ないため、アンプシミュレータなどを使うて録音することが多いのですが、それやとフィードバック音が出せません。加えて、シミュレータはDSP(デジタルシグナルプロセッサー)を経由するため、信号に若干の遅延があり、アタック音が弱くなる傾向があります。いまいちリアル感に欠けるのは、そのあたりも影響してるやもしれません



そこで電池アンプの登場です。まず、ギター(エフェクター)の出力をパラレルボックスなどで、電池アンプ行きとシミュレータ行きに分けます。電池アンプはマイク録りにして、2つの音をミキサーへブチ込み、レイヤーとして扱います。たったそれだけのコトで、一気にリアルな音になるのでしw



いろいろ試してみると面白いですよ〜
 



2008/11/28  21:59

投稿者:anba
30wを自宅鳴らしはマズイでしょうww

とか言う本人は、かつてキービーさん宅にて大声で歌いましたが(汁

2008/11/28  7:30

投稿者:keibee
訂正ローランドの30Wでしたw

2008/11/27  12:51

投稿者:anba
>キービーさん、ベーアンの10Wやとマシかもしれません。近隣に迷惑はかわりないですけどww

>まさおさん、「うるさいぞっ」で済んでいたのはエエ時代でしたよね〜。今そんなんしたら確実にバトルですわ orz

2008/11/27  11:30

投稿者:まさおっす!
僕も高校時代は、20Wのマーシャルをガンガン鳴らしてRCのカバー(チャボ)になった気で、ボトルネックを滑らせてま痔たw

迎えの家のベランダから、『昌男うるさいぞっ#&%』って声がしょっちゅう聞こえてきてましたが、完全に無視してま痔た(笑www

2008/11/27  8:53

投稿者:keibee
たしかに木造家屋で10Wフルで出すと
確実にアウトオブベース扱いか?
殺人事件に発展するでしょうねぇ〜
って高校時代はベーアンでやってましたがww

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ