2004/12/27

さて、うっとおしい大掃除も片づけたことやし、
年末までは例年になくゆっくり出来そうや。
こういう夜は、やっぱLPタイム。
焼酎グラスを傾けながらの優雅なひととき・・・。

焼酎の時点で優雅と言いづらくあり(汗。

てなわけで、誰も知らない音楽屋シリーズ第2弾。
今回はイタリアのプログレバンド・PFM。
正式名称を「Premiata Fornerica Marconi(スペル?」
と言い、たしかお菓子屋の名前から取った記憶あり。
80年代初期のバンド。

プログレというてもドロドロしてず、
まぁイタリアらしい感じ。イエスほど抜けてへんけど。
イタリアでは、新しい音楽のうねりを
「カンタウトーレ」などと呼ぶそうやが。
このバンドもその部類か。明るいプログレってとこやね。

このバンドは、歌を聴かすよりも演奏を!
ってな感じで、やったらとイントロが長かったり、
ちょびっとしか歌が入ってなかったりな曲ばかり。
ぶっちゃけ、マニア以外は退屈きわまりないやろう。
プログレってそんなモンやしね。

いや、演奏の完成度は高いのですよ、かなり。
ライブ盤を聞いても、それはハッキリわかる。
編曲の凝り具合もキワっぽく、ロックよりも
クラシック寄りなんよ。つーか、モロにそれ。

演奏力も構成力も凄いし、ええバンドやとは
思うんやけど、どっかB級っぽいのな(笑。
個人的にはそこがエエのやが(笑。

この時期、キングレコードから「ネクサスレーベル」名で
ユーロ・プログレシリーズなる大量のアルバム群が
発売されておったが、PFMはその一群には入ってなかった。
(ん?1枚だけあったかも?)
PFMは、他のユーロプレグレ一群とは
一線を画してたのか、別格扱いやったような気がする。
ちなみに、同シリーズのLPは結構な枚数を買うたが、
アトールとイル・ヴォーロ以外はプーとしか言いようが
無かった。ムダな金を使うたもんや。

ま、そういうことですので、
プログレマニア以外にはお勧めしません(ほな書くなよw。

↓画像はPFMの1st「幻の映像」
クリックすると元のサイズで表示します

2006/8/12  21:33

投稿者:anba
SINさん、どうもいらっしゃいませ。何年か前も来てましたよね、PFM。実はライブを生で見たことはないのです

サイト拝見しました。CSN&Yですかー、シブいですね〜

2006/8/12  12:07

投稿者:SIN(TSN)
はじめまして。俺は、70年代の来日公演に行きました。

http://blog.livedoor.jp/strato_sunburst/

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ