2008/6/28

エエ店の法則  
 
忙しさにかまけてしまい、最近は「新たな呑み屋」の開拓を怠ってます(汗。すぐ近所にサウスがありますし、実は家で飲む酒の量を減らしてるというのも、ちょいと足が遠のいてる原因かもしれません



おまけにこんなご時世です。なんでも値上がりしていきやがるの。小麦粉だけやなく、玉子まで値上げですよ。大阪人にお好み焼きを食うなと言うのか?#



燃料費が値上げ、原材料費が値上げ、食費も値上げ、わしら音を上げ orz



そんなわけで、緊縮財政を発動せざるを得ず、以前のようにホイホイと呑みに行きにくくなった、というのもありますかねぇ



とは言え、やはり酒好き呑み歩き好きですので、この現状はチト寂しいです。面倒がらずに、また探索してみますか。あべの〜難波あたりでエエ店があるとうれしいかもw




ところで、Pチャンいわく「エエ店の見分け方」というのがあるのやとか


その1:瓶ビールを注文すると、大瓶を出してくれる店

なるほど、時々そういう店に出会います。んで、そんな店はたいてい古い店で、お客さんに対するやさしい気持ちを持ったはるがゆえに、あえて中瓶ではなく大瓶を出すのや、と。これは確かにそうやと思います



その2:店構え

これはもう、ほとんど直感の世界なんですが、店構えによる「当たりハズレ」は確実にあります。いや、店構えというよりは、外から見た<店がかもし出す雰囲気>と言うたほうが正しいでしょう


雰囲気なので、具体的な見分け方はありません。もう経験を積むしかないかとw



このPチャンの法則に、いくつか加えてみましょう



まず、あまりにも当たり前すぎですが、安いこと。激安まではいかなくてよろしい。「これぐらいやったら、また来れるわ」と思えるぐらいの、もしくはC/Pが高いと客が感じるような値段設定でエエのです。2Kぐらいで結構楽しめたら、言うことないですw


立地によっては賃料の問題もありますので、都心部では難しいかもしれませんね。でも、何度も通おうとしたら、やっぱり大事なことやと思いますよ



ほんで、売り、というかインパクトかな。料理の味でもよし、大将やママのキャラやトークでもよし、さりげないサービスでもよし、けったいなお客さんでもよし。とにかく、その店ならではの「コレ!」といったものがあると、不思議とまた行きたくなるもんです



最後に、常連客だけで固まっていないこと。これは重要です。店にとって常連客は、定期的にお金を落としてくれる大事なお客さんです。同時に、その店の雰囲気を作る人達でもあります。ゆえに、閉鎖的な常連客がいてる店は、どこか排他的なニオイがしまして、行きたくなくなるのです



呑み屋に限らず、人間関係、もしくはバンドにも、なんとなく当てはまるかもしれませんね




そんな素敵な呑み屋が、どこかにないかしら?テクマクマヤコンw
 

2008/6/29  14:15

投稿者:anba
せめてストーンズ並みに回復してくださいww

2008/6/29  12:06

投稿者:丑之助
ホンマ、ボストンかピンク・フロイドかという感じです。
以前はフランク・ザッパ並みやったのに。
今日も・・・禁男前症状が出る。

2008/6/28  22:21

投稿者:anba
ひと昔前で言えば「ボストンのアルバムくらいの頻度」ですかね(笑。またご都合つきましたらお越しくださいまし〜

2008/6/28  18:26

投稿者:丑之助
或る事情の為、“聖地巡礼の旅”がヴァージン・スティールのええ曲くらいの頻度でしか出来ません(←以前に余所にも書きましたが、殆ど一部のマニアにしか判らん)。
或るバンドのライヴへも同じ様になってます。すんまへん。

2008/6/28  12:44

投稿者:anba
>Pチャン、古い店が減っとるからねぇ。最近(でもないけど)では緑橋のあの店ぐらいかな、良かったのは。


>キービーさん、居酒屋やなくて食堂なら出してくれる店もあると思いますよ〜

2008/6/28  6:09

投稿者:keibee
う〜ん
京都で大瓶だしてくれる店あるやろか、、、
残念ながら記憶にございません(寂

2008/6/28  1:31

投稿者:Pチャン
くいだおれ太郎アリガトウね〜 それにしても大阪にはええ居酒屋が少のうなったなぁ…もともと少ないのにね…大瓶飲んで、ホッピーでハッピー!あ〜…

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ