2008/1/31

ギョザー  時事・社会
 
ニュースソースを出すまでもありませんが、例の中国製毒入りギョーザの件、ホンマひどい話ですわ。中華製品の危険性については、この日記でも再三書いてきましたが、どこか他人事であった感は否めません。しかしながら、国内で実害が出たということは、かなりの衝撃やったんやないかと思います



とりわけ今回は、生協で扱ってる食品がアウトやったというのが、なんともやりきれんです。「安心・安全」を謳い文句にして、ちょい割高でもやっぱり生協♪と思ってきた方々にとっては、怒りどころか恐怖バリバリかもしれません



その方々が「生協」や「JT」というブランド信仰やったからアカンのや、ではありません。昨年に大流行した「食品の賞味期限偽装」とは、問題が大きく違います



前に農薬のことを書いた時に勉強したんですが、今回の「毒物」である有機リン系殺虫剤「メタミドホス」は、たしかに農薬としても使われてました。おそらく中華では、いまだに使われてることでしょう



しかしながら、有機リン系の多くは熱で分解されるはずですので、ギョーザの具である野菜に残留農薬程度として付いてたのなら、それほど強烈な被害が出るほどやないと思うのです。ちなみにメタミドホス中毒を起こすには、1gの量が必要といわれてます。さらに、だいたい散布後1週間前後で消えてしまいますので、まぁありえないですな



今回は、食うてすぐに中毒症状が出たわけで、そうなると、かなりの量が残留していたことになります。農薬としては考えにくく、製造時の事故、あるいは故意にやったという線が濃厚です。これが最もヤバイ問題やないでしょうか




食 品 テ ロ か ?





どのみち中華を追求しても、「工場からそんな物質は検出されなかった」と言うに決まってます。該当会社からの輸入をやめても、また別の会社が似たようなことをするでしょう




安い中華食品=食うのに命がけ、まさに食のロシアンルーレットやぁ〜(彦麻呂風ww




笑い事やありまへん。安い食品や食材を買うのは、ほとんどが一般庶民です。安値競争に晒されてる外食産業も、その利用者の多くは一般庶民です。庶民といえども、中華のゴミや毒物食うわけにはいきません



中華禁止やでホンマ。と言いたいところですが、自給率がかなしいぐらい低い日本では、それをやるといきなり困窮するわけです。さらに「国産」と謳いながら、実は中華産という偽食品も出回りかねません




もうアレですよ、農業。これからは農業ですよ。ロト6当たったら農地買おw



とりあえず、個人的には「中華禁止」を続行して、はかなき自衛をしてまいります。みなさまも原産地表示にはご注意を

2008/2/2  22:03

投稿者:anba
一瞬「皆でのつぼにハマって生活」に見えましたwww

2008/2/2  2:54

投稿者:まさおっす!
前に話してたように、歳とったら、皆でのつぼ作って田畑耕して、共同生活しましょね(願望w

2008/2/1  22:45

投稿者:anba
いやいや真面目な話、それに近いことになるやもしれませぬ。陽が昇ると田畑に出て、日没とともに家へ帰る暮らしですw

2008/2/1  18:55

投稿者:ケムズ
昭和初期にもどったらいいとですね。

でも不自由に生きられますのやら〜ほほほほ〜

2008/2/1  12:52

投稿者:anba
>まさおさん、さすがに有機リン系に対抗する抗体は造れないかと(汗。やはり自作農しかありませんかね〜


>キービーさん、農業関連株は要チェックかもしれませんww

2008/2/1  5:14

投稿者:keibee
絶対買います!
自給自足でロハスな生活
でも
ロト6当たったらww

2008/2/1  3:39

投稿者:ぢまこ(まさおっすw)
『抗体』を造る努力も必要になってきてるんでしょうね。現代人の免疫力はかなり低くて、それを高める為に摂取する食品を選ぶ知識を深めないと・・・(怖。

しかしながら、ほとんどの食品には添加物が含まれており(涙。抗体=後退の図式が見えてきて更に恐怖を感じます。

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ