2007/7/6

DTM  音楽総合
 
再び混雑?してきた部屋を、少しでも広げるため、でっかいシンセを売り払いました。しかしMIDI入力用の鍵盤がないと不便ですので、今度はかなり小型軽量なブツを選択。クリックすると元のサイズで表示しますギターと比べると、その小ささがわかると思います



この手の小型MIDIキーボードは、どーもDTMくっさくて抵抗があったんですが、部屋の狭さと相談しまして、ようやく導入した次第です



ちなみにDTMとは「Desktop Music」の略で、パソコンや周辺機器などを使って音楽を作って楽しむという、どちらかといえば趣味的な意味でとらえられています



しかしながら、それが示す範囲は幅広く、たとえば日曜大工から注文住宅の自主建築までといった感じです。あれ?例えになってへんですか(汗笑



プリプロやデモなどは、実際の楽器を使って制作できれば、これはもう言うことないです。んが、そんな環境にあるワケでもなし、鍵盤やら太鼓やらを上手く演奏できるワケでもなし orz



ということで、個人的には代替としてDTMなるモノをやってます。まぁスケッチ程度ですかね



わしは「音楽を作って楽しむ」よりも「演奏して楽しむ」派ですので、実のところDTM関係には疎いのです(汗。PCでの音楽なら、入力よりも録音やミックスに強くなりたいと思ってますので、なおさら遠のいとりますわ






「1人でも(とりあえず)バンドが再現できる」という点から、メンバーに渡すプリプロ音源用にと、DTMに取り組む方も多いと思います。ロック系(特にアマ)には、スコアの読めないヒトがぎょうさんおりますので、実際の「音」で伝える方がわかりやすいですしね



その程度でしたら、別にシステムや出来にこだわる必要もありません。もっと言うと、弾き語りジャカジャカをラジカセに録音した程度でもOKです。「こんな感じ〜」さえわかればエエのですから。それ以上のことは、たぶん現場でやった方が早いです(笑




これが、そのDTMで作った音を、ライブやレコーディングで使うとなると、話はまったく違ってきます。システム(使用する音源等)もそうですが、それ以上にアレンジやバランスについて、かなり神経を遣わなアカンからです



つまり、楽器についての知識が必要になります。ぶっちゃけ言いますと、楽器を知らないヒトがDTMで作った「音楽」をライブなんかで聞かされるのは、非常に苦痛です。生卵を投げたくなりますww



以前よく、「うちのバンドはドラムがいないので、バックは打ち込みでやってます」というアマバンドを見かけましたが、総じてアウトでした。なぜなら、カラオケ代わりやと思うて作ってるからです




あのね、人前でやるんやからね。たとえ打ち込みやとしても、それも「表現」になるのですよ。言うてみれば「楽器扱い」しなアカンわけです。そこんとこ欠けてるDTMさんは、やっぱちょっとしんどいですわ


2007/7/9  23:21

投稿者:anba
キービーさんはお金があったらProToolsよりも風(略 ww

2007/7/8  10:03

投稿者:keibee
先立つモノがないので、、、orz
今晩、宜しくお願いいたしまっすm(_ _)m

2007/7/7  12:28

投稿者:anba
レコスタでの汎用性からいうと、ProToolsの方がエエかとww

2007/7/7  9:57

投稿者:keibee
そうそうプリプロ専用と割り切っておりまっすw
でも、マック&ロジック欲し〜いww

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ