2007/7/5

かわいい子には  音楽総合
 
貧な家庭に生まれ育ちましたので、ガキの頃は小遣いなんぞもらえるはずもなく、友達が駄菓子買うたり新しいオモチャで遊んでるのを、ただ裏山しく眺めてるだけでした



かと言うてスネ坊やったわけやないですよ。あの時代は、なんというか、どこのご家庭も似たりよったりなトコロがありましたし、今と違って、子供は外で遊ぶのが基本でしたから(笑



小遣いナシで家族でお出かけもロクにナシなガキ時代ではありましたが、「ちゃんと帰ってくるんやったら、どこへ遊びに行ってもかまへん」という教育方針?でしたので、とにかくひたすらチャリで遠出を繰り返し、「冒険」を楽しむ日々でしたw



やがて小学校も高学年になると、1人旅というモノを覚えましてね。まぁ日帰りですが、フラリと出かけるワケですよ。今じゃ考えられませんが、小学生が1人で山登りとかね(笑。例の「120円で電車の旅」も、この頃に発見したんですわ



そのうち宿泊旅行も覚えましてw。「ユースホステルや野宿を駆使して、チャリで東海道を制覇!」なるコトにもチャレンジしたのですが、あまりのしんどさに途中で挫折しまして(涙。この時の悔しさがバネとなって、後にとんでもない事態を引き起こすのですが、それはまぁまた別の機会にw



子供の頃にそういった経験をしたことは、振り返ってみれば、わしにとって大きな財産となっています。知らない場所、知らない人達の中で、自分がやらんと何も始まれへんという状況に置かれるのですから、自然とイロイロ鍛えられます



まさに「かわいい子には旅をさせよ」でして、いまさらながら両親には感謝です





さてさて





「もっとドンドンやっていきたいんですよ!」と語る若い音楽屋さんに出会うと、わしは決まって「ほな、出来る限りシビアな環境でやんなさい」と言うてます。理由は上記に同じ、いや、付け加えるなら




若い時の苦労は買うてでもせよ!




やからです。若いうちに経験した苦労は、のちのち必ず役に立ちます。だから自ら進んで苦労を買って出よ。という意味ですな



経験上、この言葉は間違いないです。しかも、後になればなるほど実感できます。ただし、苦労してる最中は「役に立つ」という実感がイマイチ持てないのが難点ですがw



味方のおれへんところでライブすりゃエエのですよ。厳しい評価の人達を相手にすればエエのですよ。甘えや言い訳の通用せえへんトコロで活動してみりゃエエのですよ。山ほど失敗コキまくって、恥カキまくったらエエのですよ




それらは必ず「財産」になります




逆に、苦労を避けて通ってたらどうなるか?それでも活動はできるでしょう。自分の甘さや言い訳が通用する範囲内の活動ですけどねww




そりゃまぁ、成長してっても苦労は付いて回ります。ただ、若い頃に苦労を避けてきてたなら、年とってから苦労に直面させられると、それこそエライ目に遭います。大人になって「はしか」にかかるようなモンですわ。重傷ですよ



それでも逃げるヒトは多いです。いや、本人達は「正当な理由」があって、やむなく「避けざるを得ない」と主張するのですが、逃げですよ逃げ




まぁね、逃げたきゃ逃げりゃエエのです。そんな自分でも受け入れてくれるトコロを、次々と探していけばエエのです。同類を見つけて傷の舐め合いをするのもエエですし、そこでの活動を「さもぎょうさん経験してきた」かのように語るのもエエでしょう。若さをムダに遣えばエエやないですか




でもね






音に出ますよ、その逃げが。




音楽は、いろんな意味で演奏者を裏切りませんので、実はかなりコワイのです。その点、どうかお忘れなく。と若い方々へメッセージを送っておきます。あ、また「説教くさい」とか言われそうですがwww

2007/7/6  12:39

投稿者:anba
似てますね〜。易きに流れは、どこの世界でもあきませんもんね

2007/7/6  8:26

投稿者:keibee
語学力に似てますね。
昔、友人が1年半カナダに語学留学したんですが、
日本人コミューンにどっぷり浸かり
何にも喋れんまま帰国しました、、、orz

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ