2007/5/31

空気を作る  音楽総合
 
すでに「Information」や携帯版の「最新情報」にて告知しておりますが、久々にラジオに出ることになりました。と言いましても、まだ収録しておりません(汗。来週土曜に収録で、問題なければ6/23(土)13時半〜ABC朝日放送1008KHzでオンエアの予定です。ええ、問題なければ…ww



こう見えても空気を察知する能力は、意外なほど長けているWOEPです(笑。トークは問題ないでしょう。曲は知りません。局によっては、いろいろ規制もあるようですので(※国営局では『のみすぎた』がダメでしたw



オンエア直前にあらためてお知らせしますので、お時間のある方はお聞きになってください。関西エリアのみですが…m(_ _)m





ま、ウチらが長けているかどうかは別にして、空気を読むというのは、音楽屋には必要な能力やないかと思います。特にバンドの場合、それがなかったら、イカした演奏が出来ませんもんね




しかし、それ以上に必要なのが「空気を作る」能力でしょう。エアーではなくアトモスフィア、つまりその場の雰囲気ね。よく言われる「オーラ」とは、また違いますので念のため



とりわけライブにおいては、これを作れるか否かが成功のカギとなっています。どんだけ上手に演奏しようが、空気を作れんかったら「なんかショボイ」という印象になります。よく「うまいだけのバンドはナンボでもおる」と言われますが、それはすなわち、空気を作ることをまったく考えてへん連中が圧倒的に多いコトを意味してます




なんで空気を作るのか?ですが、これはなにも、客に媚を売れと言うてるのやありません。むしろその逆で、お客さんを自分らの世界に引きずり込むため、そうなりやすい「空気」を作るワケです




空気の作り方は様々です。天性のキャラや自然な振る舞いで、それが出来る人達もいます。しかしながら、わしらのような凡人は、無い知恵を振り絞って、それを考えていかなアカンのですわw orz



それぞれの音楽性やキャラによって違うアプローチがあると思いますが、最もシンプルなのは「曲順」をどうするかです。お客を引きずり込むためには、1曲目に何をもってくるかは非常に重要なはずなんですが、考えないヒトは結構多いです



よっぽど自分の才能に自信があるのか、ヘタ打っても帰らない「お友達」相手の発表会ライブしかしてこなかったか、あるいは観客がいてるのに「不在」のような感覚でいるのか、ってトコロですか



それはあきませんな。





他にもいろんな方法があるでしょう。ウチらは「自分がやってるライブを、客として金払ってでも「自分」が見たいと思うか?」ってのを基本にして、いろいろ考えておる次第です。凡人やからねw

2007/6/1  12:48

投稿者:anba
まったくです。ライブなんか、お客さんがいて初めて成立しますもんね

2007/6/1  8:42

投稿者:keibee
凡人ゆえに相手のことを考え、楽しんで頂けるように創意工夫したいものですねw

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ