« 夢 | Main | 想像 »

2007/5/16

記事  時事・社会
 
新聞を読む際には、大きな記事はなるべく読まず、小さな扱いの記事を中心に読んでます。大きな記事は、見出しにだいたいのコトが書いてありますので、それさえ読んでおけばわかりますもんね



それに、大きな記事は文章量が多い分、左派右派問わずイデオロギーやら印象操作の傾向が強くなりますので、読むとうっとうしくなるのです。その点、小さな記事は文字数も限られており、ほとんど出来事レポートのような内容なのでエエのです



小さな扱いの記事やからというて、バカにしてはいけません。大きな記事よりも、かえって世相を反映していることも多いのです



また、最初は小さな扱いでも、徐々にそれが社会問題化していき、1面記事になった例もあります。鳥インフルエンザの最初の頃なんか、まさにそうでした




小さな記事には、時に朝から爆笑させてくれるような内容もあります。いつの頃やったか忘れましたが、「下着ドロ『試着中』に御用」という記事を読んでコーヒー吹いた記憶があります(笑。おそらく犯行現場で「試着」してたのでしょうが、ブラを胸に付けていたのか?あるいはアタマにかぶっていたのか?そのあたり想像したら笑えるやないですかww



あと、盗んだはいいが、数時間後にお金を返しにきたドロボウの話なども、なかなか笑いを誘ってくれました。アホやなぁと思いつつ、微妙に救われた気分にもなれますw




ところが




近年は「小さな記事」でさえ、そんな風に笑える内容やなくなってきてます。それどころか、殺人、放火、強盗、虐待、暴行、わいせつ、そういったモノばかりです。もうコーヒーを吹くこともありません



特異な事件・犯罪が乱発するようになりましたので、以前なら中ぐらいの扱いやった記事が、今では小さい記事になってしもてる模様。ほんで、ほのぼのしたような昔の小さな記事は、紙面から追いやられてしもうたのですな



最初の方で「小さい記事の方が世相を反映してる」と書いたのは、この点からもご理解いただけると思います。ぶっちゃけ、いまの世の中は狂ってるとしか言いようがないです




そうそう、女性のみなさま。深夜に1人でレストランに入ってはいけませんよ


■読売新聞:飲食店店長らが店で食事中の女性客を拉致、暴行…大阪


これ「ペッパーランチ」とかいうチェーン店の、店内での話ですよ。一体どこの国?もうムチャクチャですがな#



慣れた街、慣れた場所、慣れた人、慣れた店。そのどれもが、安全を保証してるわけではありません。海外では常識すぎるコトですが、日本国内の安全も終わりつつありますので、早急に認識をあらためられた方がエエかと思います。世の中キチガイじみてます、というより、すでにキチガイですから





ああ、でもわしは…




「老人の入れ歯、猫が持ち逃げ」とか

「強盗に入って人生訓を説く男、逮捕」とか

「のつぼを残せ! 住民の反対運動過熱」など


そんな記事を読みたいですww

2007/5/18  1:32

投稿者:anba
前世紀末からこのかた、どんどん世の中は悪化してますよね。北極海の氷も、予想より30年以上早いスピードで溶けてるのやとか。人類はどこへ… orz

2007/5/17  13:12

投稿者:keibee
まさに世紀末(違;まだ始まったとこやん(汗;;

2007/5/17  2:24

投稿者:anba
少なくとも店長に登用した企業責任は問われるでしょうな。ペッパーランチのサイト、Topページだけ残して削除されてますが


のつぼは危ないから言うて、大半が埋められたかフタされました。レストランの方が危な(略 ww

2007/5/17  1:48

投稿者:Q
この事件も企業が社員教育を怠ったツケかねえ、その前に人間としてすでにアウトやけどね。
野つぼってそういや見かけへんなあ、爆竹遊びとかもう出来ないんやね。

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ