2007/5/15

 
人と人とは、わかりあえないものやと思ってます。などと書きますと、「またこのヒネたオッサンが何ぬかしてけつかる」とお叱りの声が上がりそうですが(汗w。いやいやまぁまぁ、話には続きがございますので



よく「その気持ちわかるわ〜」という言葉を口にしますが、その時、ホンマに相手とまったく同じ気持ちになってるかというと、まずそんなことはありません。だいたい人間というヤツは、同じ環境下で同じように生まれ育っても、まったく違う考え方を持ってたりする厄介な動物なのですからw



他人とまったく同じ気持ちにはなれませんが、そのかわり、自分の似たような経験や伝聞、あるいは「もし自分がそうやったら」という仮定で、相手の気持ちを「想像する」ことは出来ます



つまり、「その気持ちわかるわ〜」というのは、想像した事柄を自分の価値観で解釈し、理解してるというコトなのです



これが一方だけやなく、お互いやと、厳密には「想像し合う」ということになりますか。ちょいとヒネた言い方をしますと、相手と同化し合ってるのではなく、それぞれの中で、相手(の気持ち)との近似値を求め合ってるだけに過ぎないワケです





…というのが冒頭の言葉の裏付けですわ





現代人の特徴なのか、自分のことをわかってほしい、ホンマの自分を見てほしい、自分のすべてを受け入れてもらいたい、と考えてる人は非常に多いです。しかしながら、上記の論法からしますと、それらは「ムリ!!!」なコトになりますわなw



そですよ、ムリなんですよ。それこそ、ガンダムに出てくるニュウタイプやないと(笑



実際にはムリやのに、わかりあえる、わかってもらえる幻想に囚われてるから、ややこしいことになってしまいます。ぶっちゃけ、親子でも「わかりあえる」ことはありません。血がつながってるはずやのに、親は子を捨て、子は親を惨殺するのはなんで?




アヤシイ宗教なんぞは、そこんとこに付け入ったりしよります。わしはサヨナラ神様なヒトなので、そういうのはシッシッとやる次第ですが、「神だけがアナタのすべてを受け入れてくれますよ」という言葉にコロッといく人も多いみたいです



お金払わんな受け入れてくれへん神様って…、ねぇ(笑





はい、ちょと脱線したアルよ。ということはですね、わかりあえないという前提に立って、いかに相手の考えと近いものを想像するかに徹した方が、よりエエ人間関係を築けるのやないか?そう思うのです




単にヒネたタワゴトとちゃいまっしゃろ?www




人間と比べるのもアレですが、動物と一緒に暮らしてますと、それがよく実感できますし、大きなヒントも与えてくれます



ヤツらは当然、ヒトの言葉を話せません。気持ちの伝達手段といえば、ボディランゲージか鳴き声ぐらいです。それはコチラ側も同じですが、ヤツらは自分の主張とともに、人間のことをシッカリ観察してるのです



どういう時、(動物が)どんな行動をすればエエのか、観察した上で学習しています。これは「想像」ではなく、単なる「経験則」かもしれませんが、人間関係にも応用できる大きなヒントやと思います





音楽屋の場合、さらにそれの度合いが要求されますね。たいへんだわ。考えるより感じろ!というヤツですな



クリックすると元のサイズで表示します
楽よね〜、ぬいぐるみってww

2007/5/16  12:53

投稿者:anba
他者の気持ちを推し量れないという病気(例:アスペルガー症候群)もあるのですが、自己チュウはいただけないですよね

あ、自己チュウというと何かエライ人みたく錯覚してるのかもしれませんので、想像力が無いヒトと呼ぶのがエエんでしょうww

2007/5/16  8:51

投稿者:keibee
イマジネーションはとっても大事だと思いやすw
自己チュウな方はそもそもコレができましぇんorz

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ