● ブログを引っ越しました →  雨玉舎もよう

2012/7/22

うちわとうどんとこんぴらさん  紀行

そんなこともありまして、先の二人展@松山の会場へ伺う前に丸亀に立ち寄りました。

うちわ職人の中田さんと「うちわの港ミュージアム」で待ち合わせ、ここではうちわの道具や色々なうちわの展示や販売のほか、実演もしています。

写真でしか工程を見ていなかったので、実際に骨作りを見て感激しました。
この日はうちわミュージアムのマドンナさんが技を見せてくださいました。
(他にも「研修中」の札を立てて若い女性が二人実演していました)

クリックすると元のサイズで表示します

すでに木取りをした材料を湿していて、「切り込み機」で穂先より焼く10cmのところまで切り込みを入れます。
同じ巾で入れていけるのは職人さんの勘と技です。

クリックすると元のサイズで表示します

それを腕、手首、掌を使って左右にうねらせると元の方まできれいに裂けます。
「やってみる?」と私も体験させていただきましたが、まぁ見るのとやるのとでは違います。。。コツをつかむ前にギブアップ。いとも簡単にグイグイ作業をされていますが…

クリックすると元のサイズで表示します

割(わき)の作業が終わった状態。手前から2番目は私がやったもの。
傷んでしまうとこうやって拡がってしまうそうです。

拝見したのはうちわ作りのほんの一端でしたが、より うちわに愛着がわきました。


こちらのミュージアム、うちわ貼りの体験もできます。


色々なうちわが飾ってありましてね、なかでも気になったのは、漫画家・楳図かずおさんが香川の名所などを描いたイラストうちわ。
もちろん、楳図せんせいが描く名所名物なだけあって、香川県がまるごと楳図かずおワールドになっていましたが。。。


中田さんや職人仲間の方々からうちわのあれこれをレクチャーしていただき、大変有意義な時間でした。
ランチはもちろん讃岐うどん。オススメのお店に連れて行ってもらいました。
ミュージアム近くの「綿谷」。ここは肉うどんがオススメなのですが、初心者の私は温ぶっかけをいただきました。
小を頼みましたが、味も量も満足でした♪

その後、せっかくなのでと「こんぴらさん」に案内してくださいました。

785段の石段を上がりながら うちわについて、ものづくりについて熱く語り合いました。
(…私はだんだん口数が少なくなります。)
気温も上がってきて息もあがります。
が、何とか御本宮まで上がってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

記念に一枚だけ写真を撮りました。(ビミョーな一枚です

うちわ、うどん、こんぴらさん。
数時間のうちに讃岐を満喫いたしました。

次回の希望はゆっくりうどんのはしご♪
まだまだ四国は未開拓、見所がいっぱいです。

夏旅に讃岐はいかがでしょう?
お越しの際にはぜひうちわにも目を留めてみてくださいね☆




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ