● ブログを引っ越しました →  雨玉舎もよう

2012/3/23

5年目の終了証  木版画

東京に行きました。
ゆりかもめに乗って向かったのは「エキサイト☆ふるさと2012」第18期 緑のふるさと協力隊の活動報告会の会場です。

16期の報告会以来2年ぶりです。

緑のふるさと協力隊とは一年間住み込みで山村振興のお手伝いをするプログラムです。
私も14年前に参加しました。
第5期の私はかなり古株となりました。
当時は15人ほどでしたが、18期は52名。

報告会では隊員代表4名による活動報告、受け入れ側の村長さんのお話の他、
郷土芸能の披露もありました。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは福岡県築上町の金富神楽「盆神楽」。
お米の入った盆を両手に舞う五穀豊穣を祈願し感謝する神楽です。
お米がこぼれないのか!?盆は落ちないのか!?見ている方もハラハラします。
でも510くん、お見事でした!
演奏も同町歴代協力隊OBOG。それを聞き、より温かい気持ちになりました。

他には岩手県一関市の南部神楽「鶏舞」、福島県の太鼓、「大地」。

「大地」は福島県太鼓連盟の曲です。天栄村、鮫川村、金山町の4人の協力隊が町村を越えて一つの音にしました。
協力隊が終了したこの春、引き続き福島での生活を選んだ青年もいました。
それぞれの派遣地への思い、生まれ故郷への思いに胸だか目頭だかが熱くなりました。

クリックすると元のサイズで表示します

この後は41町村を紹介したそれぞれのブースを自由に見て回ります。
私は連れも居らず一人で見て回っていたのですが、まぁ思いがけず色々な出会いがありました。
懐かしい再会やらフレッシュな出会いやら。

そして、懇親会が始まる前に終了証の授与式。

クリックすると元のサイズで表示します

以前は一人ずつもらっていたけど人数が多いのでブロックごとに代表者が受け取っていました。
で、この終了証を今回も版画でつくらせていただきました。
なんと、5年め!
賞状フレームはベニヤ板に彫ったので、だんだんちびてきまして…今回は新たに彫り直しました。
せっかく彫りなおすので、少々図案をバージョンアップ☆

授与式終了後、わざわざ「ありがとう」を云いに来てくれた隊員もいました。
嬉しいなぁ・・・


私に多様な生き方を示してくれたのはこのプログラムでした。
正確に云うとこのプログラムを通して出会った人たちですね。


緑のふるさと協力隊の詳細はこちら → GECホームページ


それから農文協から出ている『緑のふるさと協力隊 若者たちの震災復興 農山村再生・若者白書2012』には協力隊員やOBOGの視点で書かれた東日本大震災が掲載されています。
震災とは関係ありませんが、私は資料編のOB/OG活躍事例の項に少々寄稿させてもらいました。
興味を持たれましたら、お手にとってご覧ください。

今回、報告会に参加して色々思うところがありました。
でも何でしょう、震災のこともありますが大きく転換するポイントに来ている気がしてなりませんでした。
(昨年の報告会はちょうど震災翌日で大変だったとか)
実りの多い報告会の報告でした。



2012/3/24  17:01

投稿者:☆

ぽんかんさん、コメントありがとうございます。
そうなんです。若者、がんばっています。

賞状枠は田森山川海などの要素を盛り込んで金色の絵具で手摺りしています。
ホルダーも一つ一つ手づくりです。今年はもえぎ色。
(ホルダーの色は毎年オーダーにお応えしています)

終了証の画像はこちら↓↓↓のブログでごらんいただけます。
私のふるさとへの思いと共に…


http://furufurusato.blog118.fc2.com/blog-date-20101118.html

2012/3/24  0:17

投稿者:ぽんかん

初めて知りました
真面目に頑張ってる人
たくさん居るのですねえ(・0・)
ぜひ終了証も拝見したいです^^


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ