● ブログを引っ越しました →  雨玉舎もよう

2006/6/25

長谷川富三郎と棟方志功  木版画

今日は一日、梅雨らしい空でした。

そんな中、久々にドライブに行ってきました♪


新見美術館(岡山県新見市)で開催中の

〜民藝運動を支えた板画家たち〜

長谷川富三郎と棟方志功展


を見てきました。

日曜日なのにお客さんがほとんど居ないのが気になりましたが、とてもおもしろかったです。

長谷川富三郎さんは鳥取県倉吉市にゆかりのある版画家で、倉吉市内や三朝温泉にある「みささ美術館」でも作品を見ることができます。

いろいろな作風を持っている人ですが、特に墨一色で摺ったシンプルなものが美しい。

刃物の使い方も上手くて(私が言うのも生意気ですが…)、とても勉強になりました。


一方の棟方志功さんは世界的に有名な版画家(板画家)ですよね。

青森生まれの棟方さんですが、岡山県にもよく来たそうです。

中でも、ここ、奥津温泉には昭和23年頃から度々訪れ、河鹿園や奥津荘に投宿したそうな。

そんなこともあり、奥津にも棟方さんの作品が残っています。



「やっぱり、奥津温泉はいいですよねー。」なんて、語らいたかったなぁ…。

しかし、棟方さんは私の生まれる5ヶ月前に亡くなってしまいました。


話が逸れましたが、いい企画展でした。

チラシから長谷川富三郎さんの《一隅》を載せておきます。↓↓




クリックすると元のサイズで表示します



2006/6/29  23:33

投稿者:startt

みささ美術館は8年前に行ったきりです。
また、温泉がてら行きたいな♪
新見に素敵なカレー屋を見つけました。
(というか、教えてもらって行ってきた)

2006/6/28  0:31

投稿者:mogiko

ぉ、良いの行ったねぇ
みささ美術館にあるんだ
なら見たかもしれないなぁ
みささ美、小さいけどなかなか良いよね♪


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ