● ブログを引っ越しました →  雨玉舎もよう

2006/3/29

仏師の言葉  言葉

 先日の『芸術家からの手紙』の言葉とよく似た言葉を以前に聞いたことを思い出しました。

 飛騨で木工の勉強をしていた頃、近所におられた仏師の慈眼(ジゲン)さんのところへお話を聞きに行きました。


 慈眼さん、24歳の時のお話です。
 
 いいものを創りたいと思うものの、いいものを創るにはどうしたらよいかわからず、とある画家に尋ねました。その画家は答えます。

 『いいものを創るなら命懸けでやれ。自分の名を売る必要は無い。それがいいものであれば、人は崖の上でも、海の底でも探してやってくるものだ。』

 そう言われて、いつも100%自分の力を出し尽くすという、一つの目的が出来たのだそうです。

 慈眼さんの彫る仏像は本当に美しい。
 そのお話や人柄に感動したのもたしかですが、それ以上に作品が語っていました。

 クリックすると元のサイズで表示します

 このカボチャとカキは若い頃の作品です。
 見ただけで涙が出てきました。

 写真の写真ではあの美しさと凄さが伝わらなくて残念です。


 もう5〜6年前のことですが、ふと思い出したので、書いてみました。
 また訪ねていきたいなぁ。
 「いつでも遊びにいらっしゃい」という言葉を真に受けて…。

 





※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ