【次回公演】2014.9.7 第12回京都さがの手話まつり@全国手話研修センター

【定期ワークショップ】毎月第一・第三水曜19〜20時、兵庫県三ノ宮の高砂ビル306号室にて開催中

2012/5/21

ジレンマ。。。  手話ミュージック

あ〜もう、めっちゃジレンマ!


私は、身体言語としての手話の可能性を追求したい。
見るアートとしての、たぶんとんでもなく深いその可能性を、探っていきたい。


それが、結果として、様々な人が手話に触れる・聞こえについて考えるひとつのきっかけになれたらいいなと思う。

ただ、それだけ。



頭固いって言われるかもしれないけど、
活動の幅を自分で狭めてるって言われるかもしれないけど、

手話=言葉。その当たり前の前提抜きに手話パフォーマンスするなんて考えられないし、する意味がないと思ってます^^;




私の表現が、パントマイムっぽすぎるのかなぁ。。。orz

「手話」に拘りすぎてるのはたしかだと思うけど〜> <




表現の幅は広げたい。他ジャンルと接点持ちたい。共に新しい視覚表現を創ってみたい。でも、言葉としての手話は大事にしたい。




あ〜 〜 〜 > <
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ