大晦日は歌舞伎座でオペラ  

ここのところ、ブログを時々休むのは、
炊事洗濯で疲れているせいです。
一方、よせばいいのに、一日に映画3本はしご、
などということもしています。

今年の映画観賞は無事100本を越えました。
もっとも、今年からカウントの仕方を変えて、
METライブビューイングやシネマ歌舞伎、ゲキ×シネなどの
劇場で大スクリーンに上映する舞台収録ものもカウントすることにしました。
従来は「ビデオ」のジャンルに入れていたのですが、
これだけ普及すると、
やはり映画と同じにカウントすべきだと思いましたので。
ですから、正確には、
劇場映像鑑賞年間100本」ということになります。

そのMETライブビューイング
大晦日は歌舞伎座での上映です。

クリックすると元のサイズで表示します

これで3年目のイベント。
すっかり大晦日の行事として定着したようです。
(歌舞伎座が建て直されるので、来年の年末はできませんが)

クリックすると元のサイズで表示します

去年からMETライブビューイングは映画館で上映されていますが、
「歌舞伎座でオペラ」というのは、
独特な趣があります。

実は今日の「ガラ」は
今年のMETライブビューイングの1作目に当たり、
9月22日に2008〜2009シーズンのオープニングとして上演されたもの。
欧米では当日生で上映しましたが、
日本では、大晦日までお預けだったわけです。

今年のガラは初の試みで、
オペラ3作から名場面1幕ずつを上演。
その全ての主役を一人のソプラノが演じます。
↓その歌姫ルネ・フレミング

クリックすると元のサイズで表示します

今回のMETライブビューイングのイメージは全てこの写真で統一。
ニューヨークには、この写真があふれたそうです。
フレミング自身が
「まあ、私、こんなにきれいだったかしら」
と思ったのではないかと、事務局長は意地悪く想像するのですが、
こんなに若く、妖艶なわけではありません。
実際、事務局長、この写真を見て、始め誰だか分かりませんでしたから。
写真は魔法です。

まず最初は、ヴェルディ「椿姫」(全3幕)から第2幕の二つの場面。

クリックすると元のサイズで表示します

ヴィオレッタとアルフレードの愛の巣をアルフレードの父・ジェルモンが訪ねて来て、
ヴィオレッタに別れてくれるように迫り、
アルフレードの妹の結婚に自分の存在が邪魔であることを知ったヴィオレッタは
アルフレードにわざと愛想尽かしをし、
怒ったアルフレードは仮面舞踏会でヴィオレッタを辱める。
という二場。

バリトンの有名なアリア「プロヴァンスの海と陸」が歌われる。
揺れ動くヴィオレッタの心情をフレミングが見事に演じ、
この人、歌も演技も一級品。
舞踏会のシーンも合唱が劇的に盛り上げてドラマチック。
なにしろ演出がフランコ・ゼッフィレッリだから、
まことにオーソドックス。
演出家の「勝手な解釈」を押しつけることなく、
音楽を壊さず、ドラマを盛り上げ、
それに、群衆の一人一人まで
細かな演技指導をしており、
活き活きした空間が舞台の上に現出する。
装置も自分で設計しており、
隅々までぎっしりと行き渡った
美しい造形。
事務局長は内心、
全作品をゼッフィレッリでやってほしいと思っているくらいです。

全く文句のつけようがない、完璧な舞台。
オペラを観る喜びを堪能させてくれた。

2番目は、マスネ「マノン」(全5幕)の第3幕の2つの場。

クリックすると元のサイズで表示します

マノンが
かつての恋人デ・グリューが
振られた傷心から信仰の道に入ったことを聞き出し、
教会に訪ねて行って、
今は神父として、その雄弁で未来を嘱望されているデ・グリューを
再度誘惑して陥落するまでを描く。

アルフレードを歌ったラモン・ヴァルガスが
ここでもデ・グリューを歌う。
何だかアルフレードが
仮面舞踏会での失態を恥じて神の道に入ったのを、
金持ちと結婚したヴィオレッタが再度誘惑に行く、
という誤解を与えかねない配役。
ここは別なテナーを持って来てもよかったのではないか。

最後はR・シュトラウス「カプリッチョ」(全1幕)の最後のシーン。

クリックすると元のサイズで表示します

伯爵令嬢マドレーヌが自分の恋と芸術論を重ねて歌うのが
延々15分続く。

というわけで、フレミング一人で3つの役を一晩でやり、
しかも、イタリア語、フランス語、ドイツ語と3つの言語で歌う。
(ご本人はアメリカ人)
まさに、歌舞伎でやる「奮闘公演」みたいなもの。
ただ、段々作品規模が尻つぼみになるので、
作品の並べ方には一考あるのではないか。

このガラにはもう一つおまけがついており、
フレミングが着る衣裳は、
クリスチャン・ラクロワ、カール・ラガーフェルド、ジョン・ガリアーノ
という当代一流のデザイナーたちが担当。
この衣裳の豪華さが話題。
その上、その衣裳を着たところを
あのリーホヴィッツが撮って、
「ヴォーグ」で特集。
というのも休憩中の映像で見せてくれる。

また、当日、タイムススクェアでの無料公開の様子も入り、
インタビューで「たまたまここに通り掛かり・・」と観衆が答えていたから、
予約制ではないようだ。
オペラの普及には、METは大変熱心です。

3つの名場面を3人の指揮者の競演で
当代一番の歌姫で
素晴らしい衣裳と装置で観るという、
大変贅沢な経験。
一年の終わりに大変充実した時を過ごさせていただいた。

来年も良いことがありそうです。







コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ