北島選手、金メダル  

本日朝11時半、
組合本部では北京オリンピックをテレビ観戦。
組合員 (荒川支部の北島商店) の子弟である北島選手が見事、金メダル獲得 !

というわけで、
用意した↓ポスターを事務所の入り口ドアに貼りました。

クリックすると元のサイズで表示します

写真や名前が一切ないのは、
肖像権の関係です。
(名前も肖像権の一部だそうです)

クリックすると元のサイズで表示します

前日までに支部を通じて配ってあるので、
組合員店頭にも貼られているはず。
店頭で見たTBSと東京新聞から問い合わせがありました。

実は、今回このポスター、乗り気でなかったのですが、
やはりやってよかった。

なぜ乗り気でなかったというと、
今回は事前の報道があまりに金メダル当然という雰囲気だったからです。
4年前は、直前の北島選手が不調だったせいもあって、
「金メダルは取れない」というのが周囲の大勢でした。
「いや、必ず取れますよ」
という、ちょっと信仰にも似た事務局長の決断で
ポスターを作製配付。
もし取れなかったらば「幻のポスター」として廃棄していただく覚悟で配りました。
金メダル獲得後、
いや、それ以前の報道からポスターは取り上げられ、
「よく作ったねえ」
と誉められました。

しかし、今回は二番煎じだし、
金を取って当たり前の雰囲気に、
何だか気が進まなかったのです。

先日のミニ支部長会の一つの会場で
そのポスターの話が出て、
やはり、作った方がいいか、
もし金を取ったら取ったで、
ポスターが無くては寂しい思いをするだろうし・・・
というわけで、急遽作製。
やはり作ってよかったと思っています。

それにしても、世界新記録のおまけ付き。
これだけのプレッシャーの中のビッグレースでの強さ。
たいしたものです。

この記事は、
次の『東京食肉新報』の1面を飾ります。




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ