11月も終わり  

今日で11月も終わり
年初から秋には大きな行事が集中することは覚悟していましたが、
何とかこなしました。

本日、新聞編集も完了
当然トップは台湾の理事・支部長会。
紙面の左右一杯を使って、
150名が一堂に会したシネスコ写真を掲載。
中は写真集で何と41点。
特に、民主記念堂前での班別写真は、
ベストポジション。
通常、脇から入れようとする旅行会社を説得して、
正面から入るようにし、
先乗りして撮影位置を決めたのが、
良い結果を生みました。
他にスライドショー123枚の中から10枚を掲載。

本日は全国団体の方が来訪。
制作中の表示ハンドブックを見せてもらいましたが、
即座に数箇所の不都合を指摘。
「では置いていきますから」
ということで、夕方から目を通すと、
指摘箇所は何十箇所に。
中には重大な間違いを含んでおり、
このまま出版したら大変な恥をかくところでした。
こちらから「ハンドブックは何時出るんですか」と切り出したから
見せてくれましたが、
そうでなかったら、
どうするつもりだったのでしょうか。

前にも書きましたが、
このハンドブックは、平成13年に
全国食肉公正取引協議会の専務をバトンタッチする時に
それまでの集大成として作ったものです。
表示学習の標準となって、
事務局長は良い仕事をしたと思っています。
委嘱されてこのテキストを使って全国行脚の講習会を
何十回とこなしましたが、
「分かりやすい」という評価は得ても
このハンドブックが分かりにくいとか、
使いづらいという感想を得たことは一度もありません。

しかし、版を重ねるうちに、
どんどん分かりづらくなっていきました。
特に2005年版の牛の個体識別番号の部分は
お役人の作文の典型で、
空理空論の全く役に立たない数ページとなりました。
代案は提示しましたが、
「会議を開いて決めたので、変えるにはまた会議を開かなければならないから」
という、
官僚的な理由で却下。

それでも、最初の版の原稿は尊重され、
後から加わった項目のみ追加、
その部分だけ分かりにくい、
という形にはなっていました。

しかし、今度の改変は、
最初の原稿に手を入れ、
わざわざ解体して説明を加え、
それで良くなったのならいいのですが、
かえって分かりにくくなっています。
普通、版を重ねると改良されるものですが、
これは、改悪。
わざわざ手間隙かけて悪くするというのですから
一体どうして?
と首を傾げざるを得ません。

どうしても後で誰かが係わってくると、
自分の新機軸を出そうとするので、
いじらなくてもいい部分を
いじってしまうようです。

最初の著作者としてこだわるつもりはありませんが、
自分も使い、会員も使うものなので、
分かりにくくなるのは勘弁。
噂では、編集に携わっている人たち自身が
「ここの意味は何なんだろう」
と首を傾げながらやっているそうで、
今日、実物を見せてもらって、
なるほど、これはひどい、
と改めてあきれました。

初め、指摘箇所に付箋を付けるつもりでしたが、
あまりにも多いので付箋は断念して、そのまま返却。
刊行までに分かりやすいものに変わることを期待します。

改めて思いますが、
「人にものを教える」
というのは、やはり才能が必要
で、
そう簡単なものではありません。
「相手が分かっていないのは何か」
をまず見抜き、
「ではどう説明したら分からせてあげられるか」
の技術を持っていなければいけないからで、
現場感覚のない官僚体質の方には無理。

事務局長は毎日、
各方面からの表示の問い合わせを受けていますが、
リピーターが多いのは、
「回答が明確で分かりやすい」からだそうです。
別の件ですが、
「あの人とと話していると、
自分の頭がクリアになった気がする」

と、かげで言われたことがあります。

何だか自慢話になって恐縮ですが、
事務局長が作る資料は分かりやすいと評判で、
でも、そのためには
それだけの努力をしています。
お役所の作る書類がダメなのは、
能力がないだけでなく、
努力もしていないし、
何より反省がないからです。
反省するのも才能の一つで、
その能力のない人は、永遠に反省できません。

新聞記者は駆け出し時代、
編集長に原稿をゴミ箱に投げ入れられるような屈辱を味わい、
歯を食いしばって原稿書きの腕を磨くのですが、
お役人はそういうところがありませんから。
時々、会議の後、
事務局長は当人のところに行って、
ここはこういう風にした方か分かりやすくならないかと
(よせばいいのに)助言したりしますが、
一杯言い訳が帰って来て、うんざりしました。
人のアドバイスを受け入れる度量の広さも才能の一つです。





コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ