小説『僕の種がない』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

主人公の真宮勝吾は、
Dスピリッツというドキュメンタリー制作会社のディレクター。
社長の西山慶一が監督の星野良三と組んで作った会社だ。
星野は「父さんは人を殺したことがある」という作品を発表して、
衝撃を与えた。
衝動的に人を殺してしまった過去を
息子に告白する、というドキュメンタリー。
この作品は数々の賞を獲得し、
Dスピリッツの名を高めた。
しかし、星野は病死し、今はいない。

そのDスピリッツにバイトとして入って来たのが真宮勝吾。
「父さんは人を殺したことがある」を観た勝吾は、
「こんなものを作ってみたい」との衝動が体を駆け抜ける。

社内の企画募集で出した企画が西山の注目を浴び、
初めて作品として結実する。
それが「ホームレスのくせに夢なんか見やがって」
ホームレスの持つ夢を聞き出すという作品だった。
取材は困難を究めたが、
ボブさんという人が取材に応じてくれた。
無理やり聞き出した「夢」が、
「種が欲しい」。
ボブさんは、無精子症で、それが離婚と転落の原因だった。
番組は業界で話題になり、
勝吾はDスピリッツの社員になった。

次に、朝の情報番組で
「今日、生まれました」
という企画を提出して採用される。
出産直後の父母の喜びの顔を写す、というだけの番組だが、
テレビ局から派遣されてきた和田有紀という助手と共に取材し、
評判を呼ぶ。
その中で、あるカップルの取材をする。
夫が無精子症で、離婚の危機があったが、
精子バンクから提供を受けて受胎し、子供を生むという。
自分の子ではない、子供の出産の時、
その夫は父親の顔になっていた。

しかし、有紀が妊娠し、
中絶する時、勝吾は病院から逃げ出してしまう。
自己嫌悪に陥った勝吾は、西山に辞任を申し出るが、
西山の説得で会社にとどまる。
発達障害だけれど、何の才能もない人を取材した
「僕は発達障害だけど絵がうまくない」など
ユニークな視点の作品は評判を呼び、
ドキュメンタリー界では、
「癖のあるドキュメンタリーを作る若者がいる」
と名前が定着していた。

人気芸人コンビの「入鹿(いるか)兄弟」は、
長い下積みの果てに
ユニークなパフォーマンスをきっかけに
人気が爆発したコンビで、
冠番組をいくつか持っている売れっ子だった。
その兄の太一が、勝吾に作品を依頼する。
というのは、太一は末期のガンで、余命半年だという。
その死に至るまでをドキュメンタリーとして
撮影してくれというのだ。

勝吾は太一に対して、ある提案をする。
亡くなる前に、子供を作ったらどうか、と。
しかし、太一は無精子症なので、無理だという。
しかし、勝吾は、
陰のうの中に一つでも精子が見つかれば、
体外受精の可能性はゼロではないということを調べた上で、
太一にその手術を勧める。
太一の中から精子は発見されるのか、
そして、妻の体内から取り出した卵子と結合させ、
着床させることができるのか・・・。

不妊症の話は、
大抵妻の側の不妊治療という話が多いが、
夫の側の無精子症という題材を扱った作品。
そういう点で、大変珍しい。
珍しく、かつ微妙な題材に挑戦した、
著者の志は称賛したい。
また、無精子症の話を
ドキュメンタリーの作り手の話と連動
させた構成も褒めたい。
しかも、人道的な見地で、という並のものではなく、
お笑い芸人とドキュメンター作家の間での
「おもしろいものを作りたい」という
共鳴、というのもなかなかだ。
お笑い芸人は、人を笑わすことに命を懸ける。
ドキュメンタリー作家は、人を驚かすことに命を懸ける。
その二つの「命懸け」が交錯した時、何が起こるのか。
その火花が散るような、
創作に携わる人々の魂まで触れている。

ホームレスの夢、
誕生直後の喜び、
を描いた
勝吾の来た道が一つにつながる。
なかなか巧みな構成だ。

男性の体内で作られた精子が
女性の体内に入って結合した時、
新しい命が誕生するという、
生命の神秘も感じさせてくれる。

「子供は、親が作ったんじゃなくて、
その親を選んで来てくれるんだね。
新しい命を親が生んであげるんじゃなく、
選んで来てくれた命を、
自分の体を使って、
世に出してあげるんだね」


などのセリフもいい。

後半は大変感動的で涙をもよおした。

クリックすると元のサイズで表示します

作者の鈴木おさむという人は、
森三中の一人、村上さんの夫としてだけ知っていて、
お笑い芸人の夫だから、大したことはないだろう、
という、愚かな先入観と、
彼の風貌から(失礼)、
軽々しい人だと勝手に思い込んでいたが、
いやいやどうして、
放送番組で鍛えられた作家魂を持つ人であった。

微妙な題材だが、
全ての人に読んでもらいたい秀作。




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ