パレスホテルで鉄板焼きランチ  身辺雑記

今日は、親子3人で、大手町に出掛け、

クリックすると元のサイズで表示します

ここへ。

クリックすると元のサイズで表示します

パレスホテル東京

クリックすると元のサイズで表示します

場所は、ここ↓。

クリックすると元のサイズで表示します

皇居のお堀端に建てられており、

クリックすると元のサイズで表示します

ロビーからは江戸城の石垣が見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

和田倉濠。

クリックすると元のサイズで表示します

1961年9月28日竣工。
10月1日オープン。
地上10階建て。
客室数は407室。

クリックすると元のサイズで表示します

皇居前という最高のロケーションと近代設備で、
外国人客を順調に増やし、
1974年(昭和49年)には
バイオリニストのアイザック・スターンが約1ヶ月滞在した他、
シルヴィ・ヴァルタンレイ・チャールズ
海外の大物が60年代〜70年代にかけてショーを開きました。

施設の老朽化に伴い、
旧ホテル・オフィス棟は2009(平成21年)1月末で閉館し、
約750億円をかけて建て替えられ、
2012年(平成24年)5月17日に再オープン、
地下4階、地上23階建て。
客室数は290室に減らし、
広さを45u以上に。

クリックすると元のサイズで表示します

宮内庁と協議の上、
客室の窓からは
皇居内の施設が直接視界に入らないよう設計されています。

建て替えで、
従来の法人ビジネスユースを主体としてきた戦略に加え、
30〜50代の富裕層、女性客も積極的に取り込む戦略を打ち出し、
「帝国ホテル東京」、「The Okura Tokyo」、「ホテルニューオータニ」の
東京ホテル御三家を2倍上回る、
国内ホテルとしては最高額となる
平均客室単価を維持しています。

また「フォーブストラベルガイド2015」の格付けにおいて、
日系ホテル初、最高ランクの5つ星を獲得

クリックすると元のサイズで表示します

2019年(令和元年)、
アメリカのトランプ大統領が来日した際には、
宿泊先として選ばれました。

クリックすると元のサイズで表示します

ロビーはきれい。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

パレスホテルの公式サイトは、↓をクリック。

https://www.palacehoteltokyo.com/

さて、目的地は、6階。

クリックすると元のサイズで表示します

和食レストランがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

そのうちの一つ。
鉄板焼「濠」へ。

クリックすると元のサイズで表示します

外国人が覚えやすいように、
「堀」ではなく「濠」(GO)に。

クリックすると元のサイズで表示します

我が家での最後の旅行が、
Go To トラベルを使った、
掛川の葛城北の丸への旅行。
しかし、それ以来、旅行が出来ず、
それでは、何かおいしいものを食べようか、
ということで、ここを選択。

個室からは皇居が。

クリックすると元のサイズで表示します

日比谷公園方向を望む。

クリックすると元のサイズで表示します

内装もきれい。

クリックすると元のサイズで表示します

ここには、カウンター席が2つあり、

クリックすると元のサイズで表示します

私たちは、7人部屋へ。

クリックすると元のサイズで表示します

グループごとに衝立で仕切られています。

クリックすると元のサイズで表示します

庶民なので、安いランチのコース
「厳選された素材とシェフの技術が融合した至福ランチ」を注文。

まず、サーモンを使った先付。

クリックすると元のサイズで表示します

これは、海鮮の材料。

クリックすると元のサイズで表示します

帆立は、私の好物の一つ。

クリックすると元のサイズで表示します

帆立貝のグリル

クリックすると元のサイズで表示します

濠オリジナルサラダ

クリックすると元のサイズで表示します

そして、メインの黒毛和牛のステーキ

クリックすると元のサイズで表示します

茨城産のサーロイン。

クリックすると元のサイズで表示します

シェフが目の前で焼いてくれます。

クリックすると元のサイズで表示します

食後の会話で、
こちらのシェフは浦安在住の方だと分かり、
話が弾みました。

クリックすると元のサイズで表示します

旬の焼野菜

クリックすると元のサイズで表示します

その間に、肉は蒸し焼きに。

クリックすると元のサイズで表示します

肉は一口大に切って、

クリックすると元のサイズで表示します

ご覧のとおり。

クリックすると元のサイズで表示します

娘とカミさんは、山形産の白飯でしたが、
私は、追加料金を払って、ガーリックライス

クリックすると元のサイズで表示します

最後のデザートは、
イチジクを使ったフラマンジェ

クリックすると元のサイズで表示します

娘とカミさんはコーヒー、
私だけ紅茶。
私と二人はことごとく食の好みが違います。

クリックすると元のサイズで表示します

食器も「おもてなし」も最高、
どの料理も美味しくて、
おなかが一杯になり、
満足感は半端ではありません。
文字通り「至福」の時間でした。

クリックすると元のサイズで表示します




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ