映画『共謀家族』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

中国映画だが、舞台はタイ。

リー・ウェイジエは幼い日に中国からタイに移ってきた移民の子で、
インターネット回線の個人商店を営んでおり、
妻アユーと高校生の娘ピンピン、幼い娘アンアンの
4人暮らし。
会社では、
日がな一日テレビで映画を観る生活をしていた。
信心深く、温厚で地域の人々に愛されていた。

クリックすると元のサイズで表示します

ある日、ピンピンがキャンプ先で不良高校生のスーチャットに
睡眠薬を飲まされて暴行され、
その様子をスマートフォンで撮られてしまう。
後日、自宅にやってきて
ネットに動画を上げてほしくなければ言うことを聞けと脅す
スーチャットともみ合いになったピンピンは、
スマホを壊そうとして、誤って彼を殺してしまう。
出張先から帰宅したリーは
死体を裏の墓場に隠し、
犯罪映画を見て得た知識を駆使して隠ぺいを図る。
それは、事件の起こった日には、
家族でムエタイを見に、
近くの町に泊まり掛けで行ったというアリバイ工作だった。

一方、前からリーと確執のあった警官が
スーチャットの車を処理するリーを目撃しており、
それを警察の警察局長(女性というのがミソ)に報告する。
実はスーチャットは、その局長のドラ息子で、
女性の直感からリーを怪しいと睨んだ局長は、
家族全員を拘束し、
別々に供述させ、その矛盾を突こうとするが、
リーたち一家は捜査の先の先まで読み尽くし、
警察の事情聴取に備え、
想定尋問によって家族の共謀は確立されていた。
警察とリー一家の
真実を暴く闘争が始まる・・・

というわけで、
家族を守るリーと
息子の安否をきづかう警察局長との知恵比べ
実に面白い。
アリバイ工作のために、
バスの車掌やホテルの従業員、
食堂のマスター、ムエタイ会場のポップコーン売りに
わざと印象的な行動をしておく。
ATMで金を引き出す映像さえうまく活用する。
局長の方は、リーが映画マニアだと知り、
リーが観ていた映画のリストから
リーの作戦をあぶり出そうとする。
家族の環の一番弱いところをついて白状させた局長が
裏の墓を暴くシーンは実にスリリング。

小説や映画が読者や観客の感情移入を誘うことで成り立つとすれば、
この映画は、観客を一家に対する感情移入に見事成功している。
卑劣なスーチャットの行為から
一家の犯罪に対しては怒りが湧かず、
局長の権力を使ったひどい仕打ちには、
一家の側に立って怒りを覚える。
観客は、一家の秘密が暴かれないように望んでしまう。

事件は一転、民衆の力によって
ある解決が図られるのだが、
着地点はなかなか分からない。
最後まで観客を引っ張る。

ただ、映画マニアで
「映画を1000本も見れば、世界に分からないことなどない」
と豪語するリーが
犯罪映画から得た知識を生かして隠蔽工作をする
というのは、あまりうまく織り込まれていない。
そこが残念。
ただ、「ショーシャンクの空に」に対するリスペクトは心地よい。

中国で興収21週連続でトップ3入りを果たし、
2020年中国年間興収第9位という大ヒットを記録。

クリックすると元のサイズで表示します

父リーを演じるシャオ・ヤンは元々歌手で、
飄々とした演技がなかなかいい。
本作の演技により映画祭で最優秀主演男優賞を受賞。
行方不明となった息子の後を追う警察局長役には
「ラストエンペラー」で皇后を演じた名女優、ジョアン・チェン

クリックすると元のサイズで表示します

この演技がすさまじい。怖い。
                          
マレーシア出身で台湾の大学で映画を学んだサム・クァーの長編初監督作品。
かなりセンスがいい。

実はこの作品、インド映画のリメイクで、
2013年にインドのマラヤ―ラム語映画「Drishyam」がオリジナル。
マラヤーラム語映画とは、インドの映画のうちマラヤーラム語で製作された映画で、
ケーララ州南部に拠点を置く映画産業を指す。
「モリウッド(Mollywood) 」の通称で知られ、
インドにおいて4番目の規模を誇る映画産業。
「Drishyam」は興行収入が5億ルピーを超えた
最初のマラヤーラム語映画となった。

その2年後にヒンディー語でリメイクして再び大ヒットとなったのが「ビジョン」
題名は同じ「Drishyam」。
一説には4言語でリメイクされたという。
インドには吹き替えというのはないのか。
この作品はNetflixで観ることが出来る。

5段階評価の「4」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/WdHiOaECRww

新宿バルト9他で上映中。

                                        
タグ: 映画



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ