小説『きたきた捕物帖』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します
                                 
宮部みゆきの新シリーズ。
主人公は北一という、16歳の青年。
迷子の孤児で、
深川元町の岡っ引き・千吉親分のもとで育てられた。
千吉の手下の中では一番下っ端だから、
岡っ引きの仕事は手伝いすらさせてもらえず、
千吉親分の本業である文庫屋で働いていた。
文庫屋とは、暦本や戯作本、読本を入れる
厚紙の箱を作り、売る商売。
文庫は本を入れるだけでなく、
小間物入れとしても重宝されていた。
北一は文庫を天秤棒の前後に吊るした台に乗せ、
振り売りしている。

その千吉親分が、ふぐの毒にあたって死んでしまい、
跡目を定めなかったために、手下は四散してしまう。
北一も親分の家を出て、富勘長屋に移り住み、
文庫の振り売りで生活していた。

その未発達の青年・北一が
様々な事件に巻き込まれながら、
次第に大人になっていく成長物語が本編。
その事件というのが、ことごとく、
怪異めいた話だ。

第一話の「ふぐと福笑い」は、
材木屋に代々伝わる「呪いの福笑い」。
三代前の嫁いびりされた嫁の怨念がこもっているのだという。
家の子どもが知らずに持ち出して遊んだ結果、
様々な災厄が家を襲う。
その「呪い」を、千吉のおかみさんの松葉が解く話。

このおかみさんが、盲目の千里眼で、
様々な事件の解明に関わって来る。

第二話の「双六神隠し」は、
長屋の貧乏人の子どもの松吉が神隠しに遭ってしまう。
その原因が仲良しの友達と一緒に、
拾った双六で遊んだからだという。
一緒に遊んだ魚屋の丸助と
蝋燭屋の笹川屋の長男・仙太郎にきくと、
その双六で出た目の止まった場所にある
書き込み通りの結果が出たというのだ。
松吉の書き込みは「かみかくし」だったという。
松吉はほどなく姿を現すが、
今度は仙太郎が姿を消した。
その謎を北一が解いてしまう。

第三話の「だんまり用心棒」は、
地主の屋敷の離れの床下で、白骨死体が発見される。
その片づけに駆り出された北一は、
骨を拾い集めているうちに、その亡骸に親しみを覚える。
何とか身元を割り出し、引き取ってもらおうとする中、
遺骸の側にあった烏天狗の根付と
同じ模様の彫り物をしている人物がいると情報が伝わって来た。
北一が訪ねていくと、
それは、風呂屋の釜焚きの喜多次という同い年の青年だった。
行き倒れていたのを風呂屋の主人が助けて、
そのまま使っているという。
根付の話をすると、喜多次は、それを見たいという。
北一が絵を見せてやると、黙って見入っていた。
この話に、
商家の放蕩息子が差配の富勘にいさめられて勘当され、
その腹いせに誘拐された事件が起こるが、
その富勘の救出に、なぜか喜多次が関与してくる。
北一に手柄を立てさせようというのだ、
それは、遺骸の世話をした北一へのお礼だという。
あの遺骸は喜多次の父親だったのだ。
喜多次は、何かあったら力になると北一に約束する。

第四話の「冥土の花嫁」も奇怪な話。
味噌問屋いわい屋の跡取りが後添えをもらうことになった。
先妻のお菊は、子どもを身ごもったまま、流産で死んでしまい、
その後、息子は嫁を取らなかった。
ようやく縁があり、そのお披露目の時、事件が起こる。
その場にやってきたお咲という娘が、
「私はお菊の生まれ変わりです」
というのだ。
息子とお菊しか知らないことを言い、
すっかり息子は信じてしまった。
それが思わぬ殺人事件に発展するが・・・

という様々な難事件の解決に北一がかみ、
やがては、千吉の跡目をつぐと思われるが、
序章の4話はそんな話。

北一は発展途上の青年だから、
まだ力が弱いが、
それを取り巻く魅力的な人物が多彩。

まず、千吉親分のおかみさんの松葉。
目が見えないため、他の感覚が鋭敏で、
事件の本質を素早く見抜いてしまう。

深川一帯の貸家や長屋の差配人・勘衛門、通称「富勘」。
店子たちの揉め事を仲裁する役目を担っている。

同じ町内にある武家屋敷の用人・青海新兵衛。
人柄が良く、北一の力になってくれる。

手習い所の師匠・式部権田左衛門。
北一の持っている可能性をいち早く見抜く。

そして、謎の人物・釜焚きの喜多次。
「冥土の花嫁」でも関わってきた彼は、
ゆくゆくは北一の相棒になるだろう。
題名の「きたきた捕物帖」の「きたきた」とは、
北一と喜多次の二人の「きた」のことなのだ。

「捕物帳」ではなく「捕物帖」にしたのは、
大ファンである「半七捕物帳」(岡本綺堂著)への
思いが強かったためで、
同じ「捕物帳」とするのは畏れ多いと、
「帖」の字を使ったのだという。
この謙虚さが宮部みゆきらしい。

そして、怪奇めいた話ながら、
ちゃんと合理的な説明が付き、
なにより、一貫して、暖かい
まさに宮部みゆきの江戸噺だ。




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ