映画『サウンド・オブ・メタル:聞こえるということ』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

突然聴覚を失ってしまった音楽家の苦悩を描く。

クリックすると元のサイズで表示します

ルーベンは女性ボーカルのルーと共に、
ヘビメタバンドで演奏するドラマーだった。
しかし、ステージでの大音量がたたったのか、
聴覚に異変が起こり、音が聞こえなくなってしまう。
耳の機能が完全に失われたため、
あとは、インプラントを埋め込んで、
脳に直接音を伝えて聴覚を回復するしかなく、
しかし、手術代はかなりの高額だという。

自暴自棄になるルーベンを救うために、
ルーは、聴覚障害者の支援施設に連れていく。
そこは、治療はせず、心のケアだけをする所だった。
反発するルーベンに決断させるために、
ルーはルーベンを置き去りにしてしまう。

仕方なく施設で手話を学び、
子どもたちと交流して役割を果たすうち、
ルーベンは施設になくてはならない人材となっていくが、
秘かに計略をめぐらして金を作り、
手術を受けようとする・・・

クリックすると元のサイズで表示します

聴覚障害者を扱った映画は、
「奇跡の人」や「名もなく貧しく美しく」「息子」「聲の形」など、
多くあるが、
主人公が音楽を生業とするミュージシャンであることがミソ。
音楽は生活であり、生きがいであり、
仕事であり、収入の手段であり、
その全てを失う、
つまり、人生そのものを失うことになってしまうからだ。

舞台は聴覚障害者の支援施設。
キリスト教会の支援でつくられている施設だが、
信者でなくとも受け入れるのは、
「困っている人を助ける」という思想に基づくのだという。
また、「耳が聞こえないことは障害じゃない。
治すべきものではないと思っている」

とさえ施設長は言う。
「ここで解決すべき問題は、
ここ(頭)であり、ここ(耳)じゃない」
と。
映画はその施設でのルーベンの生活と、
心のケアだけでは満足出来ないルーベンが、
本格的な聴覚の回復を願って、
施設を抜け出して手術を受ける経過を描く。

視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚の五感
どれを失っても大変だが、
やはり視覚を失うのが一番大変で、
次が聴覚だろう。
なにしろ、会話での意思疎通が出来ないだけでなく、
音楽という人生の大きな楽しみも奪われてしまうからだ。
しかも、ルーベンは音楽の送り手そのものだ。
その苦しみは倍加される。

ただ、手術後、ルーベンが得た音は、
「サウンド・オブ・メタル」という金属音で、
それで音楽活動は無理というものだろう。
また、装置を通じて送られて来る音は、
やはり自然音と比べて心の癒しには遠い。

そういった状況の中、
最後にルーベンが至った心境とは・・・

施設の所長は、手術を受けたルーベンに問う。

「君に訊くが、毎朝、ここで坐っていた時、
少しは静かな時間を過ごせたのか。
君の言うとおり、世界はどんどん進んでいくし、
残酷な場所にもなりうる。
でも、私にとっては、
あの静寂な時間が、あの場所が、あれこそ
『神の王国』だったんだ。
そして、その場所は決して君を見捨てない」


この「神の王国」という言葉は、
吹き替え版には出て来るが、
字幕版には出てこない。
「私にとっては、その静寂こそ、
心の平穏を得られる場所だ」
と字幕版は語る。
英語版セリフでははっきりと
「kingdom of God」と言っているのだが。
字幕制作者は、時々、こういう意訳をすることがある。

映画の背景には、
深い宗教的思索があり、
「音」のない「静寂」の中にこそ聞こえて来るものがある、
失って初めて分かることがある、という深い内容を含む。
宗教的になるのを避けたのかもしれないが、
勝手な変更は字幕制作者の領分を越えている。

音のない世界。
それを表現する音響設計が素晴らしい。
客観的な音と、ルーベンの耳に聞こえる音を
交錯させるその絶妙な手腕。
そして、無音の時間
音がないという最大限の効果。
是非、ヘッドホンで視聴することをお勧めする。

監督は、ダリウス・マーダー
ルーベン役のリズ・アーメッドの演技が素晴らしい。

クリックすると元のサイズで表示します

施設所長役のポール・レイシーの渋い演技も秀逸。

クリックすると元のサイズで表示します

この二人は、今度のアカデミー賞で、
主演男優賞、助演男優賞にそれぞれノミネート。
他に作品賞、オリジナル脚本賞、編集賞、音響賞にもノミネート。

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/hxrqsMpWnLY

Amazonプライムで配信中。

タグ: 映画



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ