小説『グローバリズム出づる処の殺人者より』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

映画「ザ・ホワイトタイガー」の原作本。

原題は映画と同じ「THE WHITE TIGER」なので、
書籍化にあたり、おかしな邦題をつけたものだと思う。
これでは読者を減らして損したのではないか。
2008年度に
イギリスの最も優れた本に送られるブッカー賞を受賞している。

低いカーストで教育も受けられなかった青年バルラムが、
地主の家に入り込み、御曹司の運転手になる。
御曹司夫婦はアメリカ生活の経験があり、
その分、進歩的で平等思想の持ち主だが、
妻が起こした人身事故を運転手に押しつけるなど、
地主のDNAからは逃れられない。
自分を取り巻く「檻」から逃れるために、
バルラムは御曹司を殺して、
政治家へのワイロのための金を奪い、
グローバリズムのIT企業の町、バンガロールで
警察へのワイロを使ってタクシー会社を設立し、
成功をおさめる。

という話を中国の温家宝首相に宛てた手紙、という形で綴る。
もちろん本当に首相に送ったわけではない。

世界第2位の人口を抱える国の青年が
世界第1位の人口を抱える国の要人に送った手紙、
というのがミソ。
近く中国を追い抜いて世界一の人口の国になるインドの
輝かしい経済成長の背後に潜む
歴史と伝統と因習にがんじがらめになった社会を活写する。

その檻から逃れるには、
殺人者にならざるを得なかった青年の心の闇。
しかも、その檻からの逃走の代償は、
故郷に残してきた家族たち、という、心の痛み。

映画はほぼ原作通りに進行する。
御曹司が妻に逃げられた後、昔の恋人とよりを戻すところと、
青年が御曹司の妻からもらった金で
金髪女を買う場面がないくらいだが、
大変すぐれた脚色だという印象がある。
ただ、原作が言葉で表現するだけに、
諧謔的で皮肉が効いている
中国の温家宝首相が「起業家精神」を学ぶため
バンガロールを見学に訪れると聞いて手紙を書き、
インドの制度的檻の中から出て起業するためには、
主人を殺さねばならなかったとの告白は、
まさに象徴的。

以下、皮肉の効いた記述を抜粋すると、

自由を愛する国、中国の……温家宝閣下机下

中国はあらゆる点でインドよりはるかに進んでいるのに、
起業家だけはいないようですね。
かたやインドには、電気も水道も下水も交通機関もなければ、
衛生観念も規律も時間の正確さもありませんが、
起業家だけはいます。

(私には教育がありませんが)でも、いいですか、閣下!
十二年の学校教育と三年の大学教育をめでたく終えた連中は、
いいスーツを着ていい会社にはいって、
あとは一生他人の命令をきいて過ごすだけです。

インドにはひとつ問題がある。
このでたらめな体制を議会制民主主義と呼んできたことだ。

(インドで虐げられてきた連中の)奴隷根性のすさまじさたるや、
自由への鍵をわたしてやっても、悪態とともに投げ返されるほどです。

貧乏人のあこがれといえば、金持ちみたいな姿になることですが、
金持ちのあこがれといえば、体重を減らして貧乏人みたいな姿になることです。

わたしの見るところ、
あなたがた黄色人種には、
下水や水道やオリンピックの金メダルはあっても、
民主主義はないようですね。
わたしが国を作るとしたら、
まず下水をつくって、
それから民主主義を手に入れて、
それからよその国の人々にバンフレットや
ガンジー像をわたすことを考えるでしょう。

インドの三大病といえば、
コレラ、チフス、選挙熱です。
なかでも選挙熱はたちが悪くて、
感染すると、
口を出す資格もないことをああだこうだと議論するようになります。

インドには毎日大勢の外国人が悟りを求めてやってきます。
そういう連中はヒマラヤや、
バラナシや、ブッダガヤに行きます。
で、へんてこりんなヨガのポーズを覚え、
ハッシッシを吸い、サドゥーを追いかけ、
それで悟りに近づいていると思いこみます。

(こうして私の人生を包み隠さずお話ししたことで、
起業家精神というものがどういうもので、
どういう環境と心情から生まれるものか、
閣下は充分おわかりになったでしょう)
まさに“インド人と中国人、
(ヒンデイー・チーニー・バハーイー・バハーイー)!”
になったわけです。

映画「ザ・ホワイトタイガー」の紹介ブログは↓をクリック。

映画「ザ・ホワイトタイガー」                                        




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ