映画『ミッション・マンガル』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

インドの宇宙開発事業で、
アジア初の火星探査ミッションを成功させた奇跡の実話を映画化。

ベンガルールにあるインド宇宙研究機構で、
2010年、ロケットの打上げが失敗に終わり、
プロジェクト責任者のラケーシュとタラは
「閑職」に異動させられる。
その部署は、火星探査プロジェクトで、
予算が足りないばかりか、
スタッフも貧弱で、
実現は不可能とされていた。

クリックすると元のサイズで表示します

ところが、主婦でもあるタラは
家事から閃いたアイデアで、
小さなロケットでも探査機を火星に送る方法を思いつき、
少ない予算でプロジェクトが始動する。
活躍したのは、女性スタッフで、
航行・通信専門のクリティカ、
ジェット推進専門のエカ、
船体設計専門のヴァルシャー、
自律システム専門のネハら。
節約アイデアを使って、わずかな費用で
火星探査機打上げを成功に導くため、
チームは結束し奮闘する。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、2013年、
チームのアイデアと努力が詰まった火星探査機
「マンガルヤーン」が火星へと打上げられた。
(「マンガル」とは火星のことで、
 「ヤーン」は運搬手段、乗り物、宇宙船のこと。)

地球周回軌道から火星に向かい、
火星周回軌道に乗せることが出来るかが、
成功の鍵だったが・・・

クリックすると元のサイズで表示します

最初の打ち上げで、ロケットに不具合を起こし、
責任者ラケーシュは自爆指示を出してロケットを海に墜落させる。
部下でチーム長のタラは、
事前チェックで小さな不調が報告されながら、
それを無視した自分のミスだと申し出るが、
ラケーシュは自らの責任だとして会見に臨み、
聴聞会での叱責も甘んじて受ける。
この男らしいラケーシュの姿勢が
後に部下の女性たちの力を引き出したのだろう。
上司とは、そういうものだ。

主に5人の女性メンバーが活躍するのは、
アメリカ初の有人宇宙飛行計画を陰で支えた
NASAの女性スタッフを描く
「ドリーム」(2016)を想起させる。
なにしろ美人ばかりなのが、目に優しい。
そればかりでなく、
次々と持ち上がる難題を
生活に密着したアイデアで乗り切っていく。
女性目線の功績だ。
逆境を理論で乗り越える科学者の立場が
子供時代の夢の実現として描かれ、共感を呼ぶ。
結果として、
NASAの火星探査機開発費の約10分の1、
映画「ゼロ・グラビティ」(2013)の製作費1億ドルより少ない予算(約7400万ドル)で
火星探査プロジェクトを成功させたのが痛快。

「パッドマン5億人の女性を救った男」(2018)の監督、R・バールキが脚本を担当し、
助監督だったジャガン・シャクティが初監督を務めている。
また、同作で主役を演じたアクシャイ・クマールが、
火星探査プロジェクトのチーム・リーダーを演じている。

クリックすると元のサイズで表示します

女性陣は、「女神は二度微笑む」(2012)のヴァディヤ・バランなど。

クリックすると元のサイズで表示します

ロケット発射や宇宙区間での探査機など、
CGもなかなかの出来。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

途中「休憩」の文字が出るが、そのまま続行。
2時間10分の映画で休憩が入るのは変なので、
もしかしたら、本国では、もっと長い作品だったのかもしれない。
歌と踊りがわずかに出るが、
そのあたりがカットされたのか。
知っている人がいたら、教えてください。

5段階評価の「4」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/DYpDsMac4k0

新宿ピカデリー他で上映中。
                                                                                
タグ: 映画



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ