映画「靴ひも」  

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

イスラエル映画
ヘブライ語でセリフが語られる。

ルーベンは従業員が自分を含めて二人という
小さな自動車整備工場を営んでいるが、
彼に一本の電話が入る。
30数年前に別れた元妻が事故で亡くなったというのだ。
葬儀にかけつけたルーベンは、
一人残された息子のガディと再会する。
38歳のガディは発達障害で、
普通の就職は出来ない、自称音楽家。
施設が空くまでの間、
ルーベンが引き取ることになる。
この障害者独特のこだわりの数々に戸惑うルーベンだが、
次第に二人の間に絆が生まれ始める。

クリックすると元のサイズで表示します

ルーベンには、罪意識がある。
生まれたガディが障害児だと分かった途端に、
酒に溺れ、家に帰ることが遅くなり、
ついには、妻と息子を棄てたのだ。
もはや中年になった息子の行く末を案ずることは、
自分の罪滅ぼしになると考えているようなところがあり、
少しでも良い施設に入れるように探しまくる。

そんなルーベンに末期の腎不全が発見された。
透析をしていては仕事に差し支えるし、
根治するには腎臓移植しかない。
提供を申し出る人の血液型は合わず、
利己主義者の弟からは、中国人の臓器を買えと言われる、
最終的にガディが提供を申し出るが、
「36年も無視してきた息子から
臓器なんかもらえない」
とルーベンは拒む。
その上、「被後見人は臓器提供ができない」という
法律の壁が立ちふさがる・・・

クリックすると元のサイズで表示します

35年も離ればなれに暮らした息子が
突然生活の中に侵入して来る。
その戸惑いは想像を越えるものだろう。
その上、かつて棄てたという罪意識に責めさいなまれる。
その父親像をドヴ・グリックマンが魅力的に演ずる。
本当にうまい。

クリックすると元のサイズで表示します

ガディを演ずるのは、ネヴォ・キムヒで、
生まれつきの障害を辛く思うのでもなく、
悲しむのでもなく、
受け入れて奔放に生きる姿を見事に演ずる。
彼にとっては、自分は
「特別な支援を必要としている人」というだけなのだ。
同じ冗談を口にし、
女性を見ると「恋人いる?」
と口説く明るさだ。

この二人に、ケースワーカーの女性や
近所の食堂のおかみなどが彩りを添える。

題名の「靴ひも」は、
ルーベンが審査官の前で、
靴ひもを結べるかどうかを試される行為を言う。
3回出て来て、3回とも違う結果を生む。

クリックすると元のサイズで表示します

障害者と離婚と臓器提供と、
かなり深刻な話だが、
終始、明るく、ユーモラスに描かれる。
このあたりが、まさに手練で、
監督はヤコブ・ゴールドヴァッサー。
自分自身も障害のある息子の父だ。
イスラエルで報道された
実在の父子の臓器移植にまつわるエピソードを基に描いた。

2018年イスラエル・アカデミー賞を席巻し、
ドヴ・グリックマンは助演男優賞を獲得した。

悲しい話なのだが、
「読後感」はすこぶる良く、
心が暖められる。

5段階評価の「4.5」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/jTJnngIBEn8

渋谷のシアター・イメージフォーラムで上映中。




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ