小説『チーム』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

箱根駅伝の学連選抜チームを扱った堂場瞬一のスポーツ小説。

学連選抜チームとは何か。
それを理解するために、
箱根駅伝の豆知識を。

箱根駅伝は、正式名称を
東京箱根間往復大学駅伝競走という。
例年1月2日と翌3日の2日間にわたり行われる
関東地方の大学駅伝の競技会。
毎年テレビで生中継される人気大会だが、
関東学生陸上競技連盟の加盟大学しか参加できない、
地方大会である。
1920年開始。
「箱根駅伝」は読売新聞東京本社の登録商標。

コースは国道1号線、
大手町の読売新聞東京本社ビル前から、
鶴見、戸塚、平塚、小田原の各中継所を経て
神奈川県足柄下郡箱根町・芦ノ湖までの往復で、
往路5区107.5q、復路5区109.6q、
計10区217.1qを走る。
つまり、マラソンの5倍の距離を10人で繋ぐ。
一人当たりはハーフマラソンの20q相当となる。

関東学連加盟校のうち、
前年大会で10位までに入賞した
シード権を獲得した大学10校が優先的に参加を許され、
残りの10校は予選会で選出される。

予選会は本競技会の2か月以上前に行われ、
陸上自衛隊立川駐屯地内の滑走路を周回し、
立川市の市街地を通過して、
昭和記念公園内をゴールとするハーフマラソン(21.0975km )のコースを
各校10名以上12名以下の走者が走って行われる。
一定の期間にトラック1万メートル
34分以内の記録保持者のみ出場資格があり、
この出場資格を有する者を10人以上揃えなければならない。
それでも出場選手は500人を数える。

予選会ではバラバラに走った各校上位10名の合計タイムにより
10校を選出する。

この予選会で落選したチームに所属する選手のうち
個人成績で上位に位置する選手から、
各校1名ずつ16名(補欠を含む)で選抜されたのが
関東学生連合チーム。

当初オープン参加として、
個人記録そのものは有効な記録であるが、
順位は付かず、チーム・個人ともに参考記録だったが、
その後、正式参加と認められるようになった。
10位以内に入ると、シード校は9となり、
予選会の通過大学は11校に枠が広がる。

第84回(2008年)では総合4位という好成績を収め、
続く第85回(2009年)も総合9位となり、
2大会連続してシード圏内入りを果たした。

このように、シード校10校、予選通過10校と
学連チームの21校で行われるのが、
箱根駅伝である。

という基礎知識の上で、
予選会の場面から物語は始まる。

城南大学の選手浦大地(うら・だいち)は、
予選会の集計結果を見守る。
浦には忸怩たる思いがある。
というのは、城南大は箱根で優勝を過去5回誇るが、
ここ10年は下位に沈み、
辛うじてシード権を獲得してきたのが現状。
そして、昨年はついにシード権を失った。
アンカーの10区を走る浦が大ブレーキとなったからだ。
                                        
そして、予選会も落選し、
連続出場32回の記録が途切れた。

その浦に
「これで終わりじゃない。俺と一緒に箱根に行こう」
と声をかけた人がいた。
美浜大学陸上部監督の吉池幸三だ。
予選会11位の大学の監督が
学連選抜チームの監督になる、という決まりから、
選抜チームの監督になった人物だ。
名伯楽と言われ、名選手を沢山育てているが、
自身はまだチームを箱根に出したことはない。

浦は選抜チームに選ばれ、
吉池により主将に任命された。
寄せ集めのチームはいろいろな問題を抱えていた。
まず、東京体育大の山城
予選会トップという卓抜な力を持ちながら、
チーム全体の力不足で箱根に行けなかった男。
チーム競技などくそくらえで、
区間新4年連続更新という
自分のことしか考えておらず、
吉池に反抗し、チームに溶け込まない爆弾を抱えた男。
東都大の朝倉
「後がない」4年生が多いチームの中で、唯一の1年生で、
内心遠慮を抱えている男。
港学院大の門脇
浦と同じ高校の出身で、
陸上はあきらめ、故郷の高校教師が決まっている男。

彼らと何度も議論したのは、
この寄せ集めのチームのことだった。
駅伝は一人の選手の力だけではなされず、
チーム力が試される。
しかし、寄せ集めで、終った後、解散するチームでは
モチュベーションの上げようがないのだ。

「にわか編成のチームですよ。
四年間同じ釜の飯を食ってきた他のチームとは
事情が違うでしょう」


それでも、浦はそのチームの一体感を生むために腐心する。
そして、吉池に示されたのは、
あの10区を走れという命令だった。
そうでなければ、
一生心の中に負い目を負って生きなければならない
10区の記憶を払拭させるという狙いだった。

学連チームの目標を「優勝」に定め、
わずか2カ月間の練習で箱根にのぞんだチームの結果は・・・

第一部「敗れし者」は、チーム編成から当日まで。
第二部「敗れざる者」は、箱根駅伝当日。
後半250ページは、
このレースの描写をずっと綴る。
ずっとと言っても朝倉の走る3区と
門脇の走る5区(箱根山上り)
山城の走る9区と
浦の走る10区だが、
その描写は詳細で、
堂場の筆力が炸裂する。

足の故障が再発した浦に
10区を走らせるかどうか決断の場面。

再び大失速するようことになったら、
浦が背負うダメージは計り知れないものになるだろう。
一方で門脇の言い分ももっともなものに聞こえた。
チームのためだが、自分のためでもある──
それが駅伝という競技の矛盾であり本質でもあるのだ。


ラストの浦の疾走シーンは大迫力。
また、最後の山城の行動を胸を熱くするものがある。
順位は?
その結果は読んでほしい。
大感動必至である。

箱根駅伝は、熱くなり過ぎる人が多いので、
敬遠していたが、
少し興味が沸いた。
来年は観てみようか。
あ、開催されるのか不明か。

「チーム」は2008年の作品だが、
続編として、2011年「ヒート」
2015年「チーム2」
2020年「チーム3」が刊行されている。




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ