映画『マリッジ・ストーリー』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

離婚に向かう夫婦の心情を描いた人間ドラマ

女優のニコールと演出家のチャーリーは、
一人息子のいる仲のいい家庭をニュヨークで築いていたが、

クリックすると元のサイズで表示します

妻がロサンゼルスに戻ってテレビに出演することをきっかけに悪化、
離婚を決める。
二人は裁判ではなく、
円満な協議離婚を望んでいたが、
沢山の行き違いがあり、
二人はそれぞれ離婚弁護士を雇って
法廷で争うことになる。
弁護士の法廷戦術は過酷で、
二人は感情をぶつけ合う。

クリックすると元のサイズで表示します

ニコールはハリウッドの新進女優だったが、
チャーリーと知り合い、
自らのキャリアを捨てて、
ニューヨークに出て、
チャーリーの劇団に所属した。
しかし、歳月が経つにつれて、
その過去が後悔としてのしかかって来る。
そんな時、舞い込んだテレビドラマの仕事。
ロサンゼルスに拠点を移すニコールにとっては
離婚が必然だった。
だから、憎み合って別れるわけではない。
相手に対する愛情はまだある。
しかし、調停から訴訟に進むに従って、
二人の感情はささくれだち、
いがみ合う展開になってしまう・・・

クリックすると元のサイズで表示します

弁護士の手にかかると、
二人の思いやりの行動さえ、
相手への非難に形を変えてしまう。
お互いに支え合ったた歳月はお金に換算され、
財産分与の要求に変貌する。
「お金は要求しない」と言っていたのに、
弁護士にかかると、それは戦術に変貌する。

夫婦をスカーレット・ヨハンソンアダム・ドライバーが演ずる。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

見どころは二人の感情の微妙な変遷。
息子の親権を巡る争いが
感情のもつれに変わる場面は見事のひと言。
特に、言ってはならないひと言を口にしてしまった後、
泣き崩れるアダム・ドライバーの姿が悲しい。

クリックすると元のサイズで表示します

冒頭、二人がそれぞれ相手の長所を述べ合う語りが登場するが、
それが最後にからんでくる。
うまい

外国のリアリティ番組で
「あんなに愛し合っていたのに」という名前の番組があるが、
離婚とは、まさにそうした後悔と悔恨に満ちたものだろう。
離婚に費やすエネルギーは
結婚の時のエネルギーと比較にならないという。
それでも再婚をする人がいるのだから、
世の中は分からない。

クリックすると元のサイズで表示します

「マリッジ・ストーリー」は、訳せば「結婚物語」だが、
いや、「離婚物語」じゃないか、
と思わせて、
最後になると、
やはり「結婚物語」だったのだな、と納得させてくれる。

監督は「イカとクジラ」のノア・バームバック
双方の弁護士役で、
ローラ・ダーンレイ・リオッタが出演。

これもNetflix 作品で、
アップリンク渋谷等の超ミニシアターで公開。
(どういう契約だ?)
同時にNetflix でも観ることが出来る。

クリックすると元のサイズで表示します

ゴールデングローブ賞のドラマ部門の作品賞にノミネート。
他に主演男優賞(ドライバー)
主演女優賞(ヨハンソン)、
助演女優賞(ダーン)、
脚本賞にノミネート。

5段階評価の「4」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/zRL2bivKtjo

今年のゴールデングローブ賞のドラマ作品賞は、
「アイリッシュマン」「マリッジ・ストーリー」「2人のローマ教皇」と、
5作品中3つがNetflix 作品
どうなってるんだ。

タグ: 映画



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ