早乙女太一の劇団朱雀復活公演  演劇関係

今日は、昼過ぎ、
新宿に出掛け、
ここ、紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYAへ。

クリックすると元のサイズで表示します

新宿南口にある(住所は渋谷区)
タカシマヤタイムズスクエア
南館7階にある劇場です。

1996年(平成8年)10月5日に、
タカシマヤタイムズスクエア開業と同時にこけら落とし。

名前のとおり、当初、紀伊国屋が運営を担当し、
2016年から高島屋も運営に携わることとなりました。

なお、紀伊国屋書店本店の4階にある
紀伊國屋ホール(1964年開場)は、
今も健在です。

クリックすると元のサイズで表示します

座席数は468席と、
丁度頃合いの大きさ。

こういう時間表示は初めて見ました。

クリックすると元のサイズで表示します

演目は、劇団朱雀復活公演

クリックすると元のサイズで表示します

劇団朱雀(すじゃく)は、
早乙女太一の父、葵陽之介
2002年、所属していた「葵劇団」より独立して
立ち上げた大衆演劇の劇団。

一旦、2015年2月に解散し、
今回は4年ぶりに再結集しました。
二代目座長は、早乙女太一。

クリックすると元のサイズで表示します

実は、娘とカミさんが行く予定でしたが、
昨日、カミさんがバスから降りる時に
足をくじいて歩けなくなったので、
私が代理で。

私、大衆演劇は、結構観ています。
アチャラカ芝居も結構好物。

第一部は女形の舞踊ショー
二部は日替わり芝居
三部は舞踊ショーという三部構成。

日替わり芝居の脚本は、
1本目は、劇団☆新感線の座付き作家・中島かずき(!)による、
ねずみ小僧と、火消しの“め組”の話を合体させた物語で、
その名も「火のないところに男は立たねえ」

2本目は、
劇団・扉座の主宰 横内謙介による、
赤穂浪士の堀部安兵衛が、
まだ中山安兵衛だった頃の
高田馬場の仇討ち応援をを題材にした、
「安兵衛駆けつけ・高田馬場の決闘」

3本目は、
早乙女太一自身が脚本を担当する
「遠州森の石松 馬鹿は死ななきゃ治らない」

どの作品に当たるかは、
当日にならないと分からない仕組み。

観客はほとんど女性で、
男性客は数えるほど。(数えたら、6人)
しかも、ファンクラブの人に取ってもらった席なので、
周囲は熱烈なファンの人ばかりで、
すごい熱気。
全公演観ているんじゃないかという勢い。

女形舞踊ショーは、
きれいきれいな早乙女太一を観ることが出来ます。
もう、この女形は、芸術

クリックすると元のサイズで表示します

お父さん、お母さんも出演。
かかる曲が私にはなつかしい1980年代の曲で、
「曼珠沙華(マンジューシャカ)」は
山口百恵ではない、男性歌手のヴァージョン。誰でしょう。
「かもめが飛んだ日」「夜桜お七」「春よ来い」など、
選曲のセンスが光ります。

それにしても、
一瞬の間に般若の面に変るのは、
一体どうやったのでしょう。

今日の日替わり芝居は、
中島かずきの「火のないところに男は立たねえ」。
脱線しまくりのアチャラカな仕上がり。
やっぱり、大衆演劇は面白い。

最後の舞踊ショーは、
劇団員総出のダンスで、
しばしば客席総立ちになりました。

クリックすると元のサイズで表示します

早乙女太一・友貴兄弟の
ものすごい殺陣も観ることができました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

迫力と美しさの混在した世界。
これで6500円は安い。
外国人がいたら、見せてあげたい。
きっと、びっくりすることでしょう。

男が女を演ずる歌舞伎や大衆演劇と、
女が男を演ずる宝塚歌劇と、
日本は本当に不思議な国です。

東京公演は12月15日まで。
その後、岐阜、大阪、札幌はまわります。

↓は、早乙女太一の直接手渡し、握手付きで、
娘が買い求めた写真集。

クリックすると元のサイズで表示します

プロモーションビデオは、↓をクリック。

https://youtu.be/0ctVL6awMyQ




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ