連作短編集『検事の信義』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

柚月裕子による、
「最後の証人」(2010)、「検事の本懐」(2011)、「検事の死命」(2013)
に続く、佐方貞人シリーズ第4弾。

主人公は東北地方の地検に勤務する検察官。
「罪はまっとうに裁かれるべき」を信条に、
事件に臨み、疑問を捨てておくことをせずに、
時には、検察組織に波風を立てることもいとわず、立ち向かう。

「裁きを望む」は、
ある窃盗事件の犯人が、
憲法39条の一事不再理を利用して、
完全犯罪をもくろむ話。
無罪の証拠を隠して裁判に向かった謎を佐方が解き明かす。
しかし、住居侵入したことが発覚するために、
宅配業者の目撃に頼ったり、
手帳の記載を見るためにコーヒーをこぼすなど、
無理な設定が多い。
なによりも、普通の金庫は、
番号だけでなく、鍵も必要だと思うが。
ただ、「一事不再理」を逆手に取った犯罪はなかなか新しい。

「恨みを刻む」は、
覚醒剤事件の犯人に対する
垂れ込み情報に不審を抱いた佐方が、
真相を解明する話。
背後にある警察内部の陰謀が唐突に出て来るのは困る。

「正義を質す」は、
正月に司法修習生時代の同期・木浦に誘われて、
宮島の高級旅館に赴いた佐方が、
広島高検の次席に会わされるなどしているうちに、
木浦の本心を見抜く。
それは、佐方が担当している
暴力団幹部の保釈に関わる問題だった。
また、検察の裏金問題の告発も関係している。
「孤狼の血」の日岡刑事が絡んで来る。

「信義を守る」は、
認知症の母親を殺めた男の書類が
刑事部から公判部に回ってきた。
(刑事部は、警察から送致されてきた案件について、
 起訴か不起訴かを決める部署。
 公判部は、裁判に出廷し、
 被告人に適当と思われる刑罰を要求するのが責務。)
男は犯行を認めている。
刑事部の捜査結果を尊重して、
公判に進めればいい。
しかし、佐方は、事件後の犯人の行動に違和感を覚える。
だが、再捜査は、刑事部の実績を否定することで、
刑事部と公判部の軋轢を呼ぶ。
しかし、佐方は、
「罪はまっとうに裁かれるべき」という信条により、
犯人の事件前の行動を洗う。
聞き込みをしてみると、
犯人の供述とは、裏腹な事実が次々と現れてきた。
なぜ犯人は、自分の罪を重くするような供述をしたのか、
調べる佐方の前に、刑事部の担当検事が現れて・・・

この短編集随一の読みごたえのある一篇。
謎の解明に読者を引きつける力がある。
犯人の人間像に読者が共感する。

しかし、最後の証人の証言は、
厳重な守秘義務に縛られた職責からはあり得ない。
作者は、その方面の知識が足りなかったのではないか。

全編を通じ、
上司の筒井副部長、
佐方を補佐する事務官の増田の存在がなかなか効いている。




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ