映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

ゴッホ(正しくは、ファン・ゴッホだが、慣習に従い、ゴッホと称する)
晩年の2年間を描く。

1888年初頭(ゴッホ35歳)、
パリに住んでいたゴッホは、
ゴーギャンの勧めで、
太陽きらめくフランス南部のアルルに移り住む。
「黄色い家」の「黄色い部屋」に。

クリックすると元のサイズで表示します

アルルでゴーギャンと共同生活をし、
ゴーギャンが去った際、
あの耳切り取り事件を起こす。

クリックすると元のサイズで表示します

精神に変調を来して、
サン=レミの精神病院に収容される。
その後、オーヴェル=シュル=オワーズで2カ月住み
不慮の死を遂げる。

映画は、アルルの自然の中を彷徨い、
風になびく麦の穂や沈みゆく太陽を描くゴッホに肉薄する。
ゴッホの視点になった時は、
画面の下半分が歪んだようになる。
ゴッホがキャンバスに描く絵もふんだんに見られる。
子供たちが写生するゴッホの絵を見て、
理解できずにからかうシーン、
子供たちから石を投げられ、
子供の父親と一悶着起こす姿も描かれる。
ゴーギャンとの共同生活で、
絵を巡っての確執も描かれる。

テオとの親密な関係も描かれ、
病院に収容された兄を訪ねたテオが
ゴッホと抱き合いながら寝るシーンは胸が痛くなる。

クリックすると元のサイズで表示します

ゴッホの父親は牧師で、
ゴッホも伝道師を目指したが、
果たせず、画家に転向したことなど、
初めて知ることも多かった。

画家というのは、
目で見たものを
脳の中で再構築し、
指で持つ絵筆で描写するものだが、
ゴッホはポスト印象派の人なので、
写実的な描写ではなく、
独特な画風となる。
ゴッホには世界がこのように見えており、
その伝達が絵筆をとっての描写だったのだ。

その絵は、一目見て
唯一無二の天才によるものだと分かる。

クリックすると元のサイズで表示します

ゴッホは才能を認めてもらえず、
貧困にあえぐ不遇の画家で、
生前1枚しか売れなかった、
というのは定説だが、
実際ゴッホが画家になってからは10年に満たず、
最初の本格的作品「ジャガイモを食べる人々」を描いてからは、

クリックすると元のサイズで表示します

8年しか経っていない。

1890年1月、
評論家のアルベール・オーリエが
「メルキュール・ド・フランス」誌1月号に
ゴッホを高く評価する評論を載せ、
ゴッホが死去する5カ月前の同年2月に、
ブリュッセルで開かれた20人展に
「ひまわり」「果樹園」など6点が出品されて好評を博した。
この展覧会で「赤い葡萄畑」が

クリックすると元のサイズで表示します

初めて400フランで売れた。
買い手は、ゴッホのアルル時代の友人でもあった
ベルギーの詩人のウジェーヌ・ボックの姉で
女流画家のアンナ・ボック。

つまり、ゴッホは8年ほどの実作の末に
評価されつつあったのであり、
言わば、死ぬのが早かったのだ。
あのまま生きていれば、
絵は相当売れていたと思われる。
その評判の矢先に命を落としたのは、
天才につきものの
巡り合わせの悪さというものだろう。

ただ、「神は才能を誤った時期に与えた」という言葉は深い。

行きつけのカフェのオーナーであるジヌー夫人からもらった帳簿に

クリックすると元のサイズで表示します

描いたデッサンが126年もたって発見された、
という新事実も明らかにされる。
サン=レミの精神病院で、
元軍人と給水治療を受けながら交わす言葉も
含蓄深い。

この作品の見どころは、
なんと言ってもゴッホを演ずるウィレム・デフォーで、

クリックすると元のサイズで表示します

この役を演ずるために生まれて来たのかと思うほど、
生きたゴッホを見事に演じきる。
ヴェネチア国際映画祭で男優賞を受賞、
アカデミー賞でも主演男優賞にノミネートされた。

ゴーギャンには、オスカー・アイザック

クリックすると元のサイズで表示します

ゴッホの話を聞く神父に、
デンマーク出身の名優マッツ・ミケルセン

クリックすると元のサイズで表示します

弟のテオを演ずるのはルパート・フレンド

監督は、
「潜水服は蝶の夢を見る」などのジュリアン・シュナーベル
手持ちカメラでゴッホの不安定な内面を描写したのは、
撮影監督のブノワ・ドゥローム

ドラマチックな要素は何もない映画だが、
ゴッホの実像に新たな光を当てている。

ゴッホは約10年の活動期間の間に、
油絵約860点、
水彩画約150点、
素描約1030点、
版画約10点
を残し、
手紙に描き込んだスケッチ約130点も合わせると、
2100枚以上の作品を残した。
有名な作品の多くは最後の2年間の
アルル時代以降に制作された油絵である。

クリックすると元のサイズで表示します

5段階評価の「4」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/2M4hq09CQ0Y

なお、中国でゴッホの複製画を描き続ける人物を扱ったドキュメンタリーに、
「世界で一番ゴッホを描いた男」がある。
その紹介ブログは、↓をクリック。

「世界で一番ゴッホを描いた男」

タグ: 映画



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ