映画『マチネの終わりに』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

平野啓一郎の小説がなかなか良かったので、
どう映画化されたの興味で、観た。

あらすじ等は、ブログでの紹介↓をどうぞ。

原作本「マチネの終わりに」

クラシックギタリストの蒔野聡史(福山雅治) と
フランスの通信社で働く小峰洋子(石田ゆり子) との、
「大人の恋愛」を描く。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ストーリーは大体原作通りだが、
テロはイラクからパリに、
蒔野の演奏家中断期間は
1年半から4年に変えられている。

二人を結ぶ絆は、
洋子の父親である
ユーゴスラビア人のイェルコ・ソリッチ監督の
映画「幸福の硬貨」なのだが、
洋子自身の欧州の血と日本人の血の葛藤は
ほとんど描かれていない。

と、映画化の際の改変は仕方ないとしても、
致命的なのは、
石田ゆり子が通信社に勤める国際ジャーナリストには、
全く見えないことだ。
東京、パリ、マドリード、ニューヨークと、
世界を股にかけての物語なのだから、
その必然性が俳優から感じられないのは、少々困る。

クリックすると元のサイズで表示します

たった一度しか会ったことのない相手に
「洋子さんが死んだら、僕も死ぬ」
と言うのも、
小説ならいいが、
生身の役者の口から出ると、
単なる口説き文句に聞こえてしまう。

その意味で、全体的に嘘っぽい雰囲気が漂い、
それを補完する音楽(ギターの演奏)も補いきれなかった。

クリックすると元のサイズで表示します

原作のテイストは損なっていないが、
この仕上がりでは、
映画化作品としての及第点はあげられない。
残念。

5段階評価の「3」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/HCE2owGeIdw

拡大上映中。

タグ: 映画



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ