アメリカ旅行記・後編A航空宇宙博物館  旅行関係

ホテル・ハーリントンの1階には、
レストランが併設されており、

クリックすると元のサイズで表示します

宿泊客でなくても、
朝食バイキングを食べることができます。

クリックすると元のサイズで表示します

中の様子。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じの何の変哲もない朝ごはん。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、今日は博物館巡り。

ホテルのすぐ近くには、ナショナル・モールという一角があり、

クリックすると元のサイズで表示します

ワシントンDCの中心部に位置する国立公園。
ポトマック川沿いのリンカーン記念堂と
アメリカ合衆国議会議事堂の間に広がる
一直線の緑地を呼ぶのが通例。
(公式には、もう少し広い)
北は憲法(Constisution)と南は独立(Independence)の
二つの大通りに挟まれ、
中心からやや西にずれる場所にワシントン記念塔があり、
その西側には、様々な記念館
東側には沢山のスミソニアン博物館群があります。

ナショナル・モールの構想は当初、
フランス人のエンジニアであったピエール・シャルル・ランファンが、
1791年にワシントンDCの都市創設を計画する際に考え出されたもの。
しかし彼の構想は、
20世紀初頭まで実現されませんでした。

現在、モールは観光において最も人気のある観光地の一つとなっており、
大規模な集会や行進を含む多くの抗議やデモが
頻繁に行われる場所でもあり、
1963年のワシントン大行進や、

クリックすると元のサイズで表示します

1995年のミリオン・マン・マーチ等が有名。

クリックすると元のサイズで表示します

毎年7月4日の独立記念日には、
議事堂主催の記念式典が催され、花火が打ち上げられます。

クリックすると元のサイズで表示します

議会議事堂から西方面をのぞむ。

クリックすると元のサイズで表示します

議事堂からワシントン記念塔まで約1.76q、
議事堂からリンカーン記念堂までは約3.04qあります。

ワシントン記念塔を西に

クリックすると元のサイズで表示します

議会議事堂を東に見ながら、

クリックすると元のサイズで表示します

まず、ここへ。

クリックすると元のサイズで表示します

その建物の形状から、「キャッスル」と呼ばれる、
情報センター

クリックすると元のサイズで表示します

中にはスミソニアン博物館に関する
展示がなされています。

クリックすると元のサイズで表示します

スミソニアン博物館は、
アメリカを代表する科学、産業、技術、芸術、自然史の博物館群・
教育研究機関複合体の呼び名で、
スミソニアン学術協会が運営しています。

1848年、イギリス人の科学者ジェームズ・スミソン(1765〜1829)が
「知識の向上と普及に」と委託した遺産を基金として作られました。
スミソニアンの語源です。

クリックすると元のサイズで表示します

スミソニアン協会が運営する博物館は19あり、
うち14がこのモール周辺に、
3つがワシントンDC広域都市圏に、
2つがニューヨークにあります。
私がニューヨークで訪問した
アメリカ・インディアン博物館もその一つです。

収集物は全部で1億4200万点に及びます。

運営資金はアメリカ合衆国連邦政府の財源及び寄付、寄贈、
ミュージアムショップ、出版物からの利益で賄われているため、
わずかな例外を除き、入場料は無料(!)です。

クリックすると元のサイズで表示します

この世界一の規模を誇る博物館群が、
一人の人間の遺志から作られたと思うと、
感慨深いものがあります。
スミソン自身は、一度もアメリカを訪れたことはありませんでしたが、
死後、本人の希望で遺骸がアメリカに送られ、
現在、棺はキャッスル内で公開されています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

↓のパネルの博物館をタッチすると、

クリックすると元のサイズで表示します

行き方が赤い線で示されます。

クリックすると元のサイズで表示します

とても全部は回れませんので、
まず、目玉の国立航空宇宙博物館へ。

クリックすると元のサイズで表示します

開場前にもう行列が。

クリックすると元のサイズで表示します

日本語の挨拶も。

クリックすると元のサイズで表示します

本当に無料。

クリックすると元のサイズで表示します

航空機や宇宙船関係を展示する博物館の中では
世界でも最大級で、
惑星科学・地球地理学・地球物理学などと同じくして、
航空学・宇宙飛行の歴史、科学、技術を研究する
極めて重要な中央施設。

クリックすると元のサイズで表示します

23のギャラリーに、
航空機、宇宙船、ミサイル、ロケットその他の
航空関連機器が展示されています。

クリックすると元のサイズで表示します

入ったところのホール。

クリックすると元のサイズで表示します

アポロ月面着陸船

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

アメリカで最初に有人軌道に成功した宇宙船。
左が初の宇宙遊泳をしたジェミニ4号。
右がフレンドシップ7。

クリックすると元のサイズで表示します

残念ながら、月の石は展示されていませんでした。
工事中のため、見られない展示も沢山ありました。

クリックすると元のサイズで表示します

世界初の人工衛星、ソ連のスプートニク

クリックすると元のサイズで表示します

1957年当時、発行された東ドイツの切手。

クリックすると元のサイズで表示します

似ても似つかない衛星が描かれています。

宇宙ロケット。

クリックすると元のサイズで表示します

大きいです。

クリックすると元のサイズで表示します

ライトスタッフ。

クリックすると元のサイズで表示します

アポロ11号で、
アームストロングが月面に立った時の宇宙服。

クリックすると元のサイズで表示します

宇宙への夢。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

宇宙船の中。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

収納棚。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

宇宙食。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こんなものも。

クリックすると元のサイズで表示します

この中は

クリックすると元のサイズで表示します

別な宇宙船内部。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

空を飛びたい。

クリックすると元のサイズで表示します

飛行機の歴史。

クリックすると元のサイズで表示します

ライトフライヤー号
1903年にライト兄弟が
最初に運転した動力飛行機の実物。

クリックすると元のサイズで表示します

スピリット・オブ・セントルイス号

クリックすると元のサイズで表示します

あのリンドバーグが大西洋を横断に成功した
最初の一人乗り用有人飛行機の実物。

クリックすると元のサイズで表示します

各博物館ではアイマックスが沢山上映。

クリックすると元のサイズで表示します

そのうちの一つを鑑賞。

クリックすると元のサイズで表示します

宇宙旅行の歴史。

クリックすると元のサイズで表示します

プラネタリウムもあります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、星を映す機械は格納されたままで、

クリックすると元のサイズで表示します

現在は、
ドーム型スクリーンを使った映像ショーが最近のプラネタリウムのようです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

巨大な博物館で、
およそ2時間、宇宙の旅でした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

次に訪れたのは、
隣の国立アメリカ・インディアン博物館

クリックすると元のサイズで表示します

先住民の芸術品と歴史的オブジェの
コレクションを展示。

クリックすると元のサイズで表示します

大きな吹き抜けがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

アメリカ大陸には、先住民が暮らしていましたが、
16世紀からの白人の米大陸進出により、
ある部族は全滅し、
ある部族は少数となり、西に追いやられました。

クリックすると元のサイズで表示します

20世紀後半になって、
やっと先住民の文化の尊さに気づき、
その遺産を伝えようと、
多くの人が研究・保存に尽力しました。
その集大成といえるのが、
このアメリカ・インディアン博物館です。

クリックすると元のサイズで表示します

先住民を扱った博物館としては
全米最大規模で、
コレクションも多岐にわたり、
祭儀品、工芸品、陶器、織物、彫刻彫像、絵画など、
収蔵品は84万点に及びます。

クリックすると元のサイズで表示します

建築にあたっては、
建築費用の不足を捻出するため、
前代未聞の募金呼びかけを行い、
新聞各紙に全面広告を載せました。
こうして建築費用は集まりましたが、
インディアンを題材にした映画「ダンス・ウィズ・ウルブズ」を大ヒットさせた
ケビン・コスナーは、
この映画の収益の大部分を基金に寄付したということです。

クリックすると元のサイズで表示します

名称ですが、
「インディアン」という呼称は間違いで、
「ネイティブ・アメリカン」と呼ぶのが正当、
思っていましたが、ちょっと違うようです。

クリックすると元のサイズで表示します

博物館の名称については、
「アメリカインディアン」と「ネイティブアメリカン」の
どちらが好ましいか当該者に対して国勢調査が行われ、

クリックすると元のサイズで表示します

その結果、インディアンの60%近くが
「アメリカインディアン」の呼称に満足しており、
「ネイティブアメリカン」呼称を好む割合は37%に過ぎなかった。

クリックすると元のサイズで表示します

このような経緯で、「アメリカインディアン」以外の
「ネイティブアメリカン」を含まない、
「アメリカインディアン」のみの民俗資料の展示施設として、
名称は「国立アメリカ・インディアン博物館」と命名されました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

外のモールに戻ります。

クリックすると元のサイズで表示します

ここにもスタンドが。

クリックすると元のサイズで表示します

議事堂が近くに見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

このあとは、もう一つの目玉、
ナショナルギャラリーに向かいます。




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ