映画『フリーソロ』  

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

「フリーソロ」とは、
ロッククライミングの一種で、
安全装置を一切使用せず、
素手だけでクライミングするものを言う。

この映画は、フリーソロの第一人者、
アレックス・オノルド↓が、

クリックすると元のサイズで表示します

カリフォルニア州のヨセミテ国立公園内にある、
高さ975メートルの「エル・キャピタン」

クリックすると元のサイズで表示します

を登攀する様子を記録したもの。
975メートルといえば、
東京スカイツリーの634メートルや
世界一の超高層ビル、
ドバイのブルジュ・ハリファ(828メートル)をしのぐ。

なにしろ、命綱となるロープやボルト、ハーネスを一切使わず、
もちろんアイゼンも使わず、
使用するのは、滑り止めの粉のみで、
岩肌の裂け目や突起に手をかけ、
足の力、手(指)の力だけで引力を押し退けていく。
水さえも携行しない。

クリックすると元のサイズで表示します

そのための準備も周到で、
ロープにぶら下がった状態で、
岩肌の形状を確かめ、
ここでは右足に力を入れる、
ここでは両足を交差するなどと詳細な記録を作って
登攀ルートを確保する。

滑落すれば確実に死亡する、
生と死の境目を行くわけで、
実際、フリーソロ仲間の滑落事故での死亡も描かれる。
どうしてそんな命懸けのことをするのかと、
我々凡人は思うが、
まあ、一種の「業」なんだろう、と理解する。
テレビ番組「クレージー・ジャーニー」などを見ると、
そういう「業」の持ち主はゴロゴロしている。

クリックすると元のサイズで表示します

映画はアレックスの生活を活写し、
車の中での生活から
恋人サンニと共にラスベガスに家を購入する姿などを描くが、
興味深いのは、撮影クルーを描写した点で、
登攀の邪魔にならないようにするにはどうしたらいいか、
などと苦慮する姿が表現される。
最後の登攀シーンでも、
ロープにぶら下がったカメラマンなどは存在せず、
ひたすら超望遠レンズで撮影する。
気の弱いカメラマンが、
画面を見ていられず、
顔をそむけるシーンなどリアルだ。
ヘタしたら、友の死亡事故を撮影したことになるかもしれないのだから。
ただ、やはりドローンは使用したようで、
それだけ、アレックスに肉薄した画面が出来上がる。
ドローンを飛ばしたりしたら、
アレックスの邪魔にならないかとも思うが、
途中でアレックスがドローンのカメラに向かい、
「よう、相棒」などと語りかける場面を見ると、
邪魔にはならなかったらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

一回目の登攀を途中で中断したアレックスが
2017年6月3日
ようやく決意して登攀する
最後の20分は緊張の連続だ。
(実際は3時間56分かかった。)
CGも特殊撮影も合成ない、
正真正銘の本物に勝るものはない。

監督は、自身をクライマーであるジミー・チン
その奥さんのエリザベス・チャイ・ヴァサルヘリィ

クリックすると元のサイズで表示します

先のアカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞を受賞した。
この時、アレックスとサンニも登壇。

クリックすると元のサイズで表示します

外国語映画賞と並び、
アカデミー賞の長編ドキュメンタリー賞受賞作にはハズレがない。

5段階評価の「4.5」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/fyqDgfizUqw

新宿ピカデリー他で上映中。




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ